第9回CSJ化学フェスタ2019 ―日本化学会秋季事業―



会 期:2019年10月15日(火)~17日(木)

会 場:タワーホール船堀

問い合わせ:公益社団法人日本化学会 企画部

Mail festa@chemistry.or.jp / Tel 03-3292-6163



主催:公益社団法人日本化学会
後援(予定): 文部科学省, 経済産業省, 国立科学博物館, 科学技術振興機構, 日本化学工業協会, 新化学技術推進協会, 産業技術総合研究所, 理化学研究所, 量子科学技術研究開発機構, 物質・材料研究機構, 江戸川区




プログラム

プログラム変更情報

2019/08/01 プログラム公開

フェスタ企画

テーマ企画

化学は様々な分野で科学技術の発展を牽引し、未来社会に向けたイノベーションの主役を担っています。テーマ企画では、多様な分野で新たな価値を生み出している化学技術や化学素材など化学に関わる研究開発の最前線から、化学の将来を担う学生に向けたチュートリアルまで、多岐にわたる多くの魅力的なテーマを企画しています。多くの皆様の参加をお待ちします。

10月15日(火)

化学の知恵で「清める・浄める」を究める!? ~こころや体、身の回りのものまで化学の力でキレイにします~ 担当委員:〇涌井 渉(味の素株式会社)、山本 政宏(TOTO株式会社)、
矢作 和行(花王株式会社)、都築 博彦(富士フィルム株式会社)

汚れているよりは、きれいにしている方が快適で気持ちがよいことは言うまでもありません。日本では、古代日本神話の「古事記」の中で初めて登場して以来、身を浄める風習が定着しています。現代ではほぼ毎日、顔や体を洗い、洗濯、掃除など身の回りをきれいにして快適な生活をしています。本セッションでは、「様々な対象を清めるとか浄める」ことに関する現象やメカニズムを化学の視点を交えて解明し、キレイを実現する研究・技術を紹介するとともに、きれいにすることがこころの状態にまで影響する可能性についても議論します。

開催日時
10月15日(火) 13時00分-17時45分
開催会場
タワーホール船堀 4F リハーサル室(C会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
山本 政宏(TOTO株式会社 総合研究所・主席研究員)
13:05-13:50
【基調講演】心も体も清める~禅の実践と化学するこころ~
石井 清純(駒澤大学 仏教学部・教授)
13:50-14:20
身を清める~体にも地球にもやさしい究極のマイルド系洗浄料~
山戸 直弥(味の素株式会社 バイオ・ファイン研究所・主席研究員)
14:20-14:50
菌を清める~食品を安全に保つための洗浄と殺菌の技~
泉 秀実(近畿大学 生物理工学部・教授)
15:00-15:30
衣類を清める~衣料用洗剤の研究開発最前線~
伊藤 将嗣(花王株式会社 ハウスホールド研究所・グループリーダー/上席主任研究員)
15:40-16:10
臭い・匂いを浄める~高性能消臭を達成する多孔性素材~
樋口 雅一(京都大学 物質-細胞統合システム拠点・特定助教)
16:10-16:40
住環境トイレも清める~快適な住環境を実現するために必要な事~
山本 政宏(TOTO株式会社 総合研究所・主席研究員)
16:40-17:10
水を浄める~安心でおいしい水はこのようにして作る~
中山 幹子(三菱ケミカル・クリンスイ株式会社 技術本部・技術部長)
17:10-17:40
地球環境を浄める~バイオレメディエーションとは?~
松井 徹(東京工科大学 応用生物学部・教授)
17:40-17:45
閉会挨拶
涌井 渉(味の素株式会社 バイオファイン研究所・主任研究員)

▲ TOPへ戻る


温室効果ガス削減への化学の貢献 担当委員:○音澤 信行(AGC株式会社)、石田 玉青(首都大学東京)、
津田 哲哉(大阪大学)、山口 和也(東京大学)

化学技術を駆使して有用な物質を提供する一方で、 CO2やフロン類等の温室効果ガスによる地球温暖化の議論が日増しに高まっております。暮らしと化学が切り離せない状況で化学産業界は、環境負荷を低下させつつ機能を提供するために様々な開発を実行しております。本セッションでは、CCS(二酸化炭素貯留技術)などの排出抑制対策や、低GWP(地球温暖化係数)化合物開発の等の温室効果ガス対策の最前線を紹介します。

開催日時
10月15日(火) 09時25分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 4F 研修室(D会場)
プログラム
 
09:25-09:30
開会挨拶
音澤 信行(AGC株式会社 技術本部・マネージャー)
09:30-10:15
地球温暖化対策と今後の展望
本庄 孝志(地球環境産業技術研究機構・専務理事)
10:15-10:50
苫小牧におけるCCS大規模実証試験について
中山 徹(日本CCS調査株式会社 技術企画部・部長)
10:50-11:25
CO2を原料とする非ホスゲン法ポリカーボネート
東條 正弘(旭化成株式会社 研究・開発本部 化学・プロセス研究所・主席研究員)
11:25-12:00
低GWP(地球温暖化係数)含フッ素媒体の開発
福島 正人(AGC株式会社 化学品カンパニー開発部・プロフェッショナル)

▲ TOPへ戻る


泡は小粒でもぴりりと辛い ~用途広がるファインバブルの世界~ 担当委員:○鶴田 仁志(株式会社クラレ)、野々口 真則(株式会社日本触媒)、村岡 梓(日本女子大学)

ファインバブルは100μm以下の気泡と定義され、現在農業、水産、環境、食品など様々な分野で活用されています。ファイン化することで期待される気液界面積の増大に加え、内圧増加、帯電などの特徴から化学・化学工学分野での研究も活発になっています。本セッションではファインバブルの基礎とその応用について紹介します。

開催日時
10月15日(火) 13時00分-17時15分
開催会場
タワーホール船堀 4F 研修室(D会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
鶴田 仁志(株式会社クラレ 研究開発本部・主管)
13:05-13:45
ファインバブル技術の基礎と研究動向
寺坂 宏一(慶應義塾大学 理工学部・教授)
13:45-14:25
ファインバブル技術の動向と産業への展望
新井 喜博(株式会社旭リサーチセンター・取締役 主席研究員)
14:25-14:55
ファインバブル技術を活用した高速道路での取り組み
矢嶋 尚彦(株式会社Ligaric(リーガレック)・代表取締役社長)
14:55-15:25
ファインバブルによる植物育成促進
荒木 和成(IDEC株式会社 ファインバブル事業部・部長)
15:40-16:10
ファインバブル有機合成:10年経って、何ができるようになったか?
間瀬 暢之(静岡大学 グリーン科学技術研究所・教授)
16:10-16:40
ソノケミストリーへの応用
安田 啓司(名古屋大学 大学院工学研究科・准教授)
16:40-17:10
重油燃料へのファインバブル効果
後藤 英親(三井造船特機エンジニアリング株式会社 プロジェクトエンジニアリング事業室・技術顧問)
17:10-17:15
閉会挨拶
村岡 梓(日本女子大学 理学部・准教授)

▲ TOPへ戻る


博士課程学生オーラルセッション 担当委員:〇石田 玉青(首都大学東京)、佐藤 浩太郎(名古屋大学)、
織田 ゆか里(九州大学)、長崎 幸夫(筑波大学)、矢島 知子(お茶の水女子大学)、
藤原 隆司(埼玉大学)、廣原 志保(宇部工業高等専門学校)

本セッションは、化学フェスタでポスター発表する博士課程学生に、口頭発表をしてもらい博士課程学生を励ます場、博士学生を中心とした、産官学の立場・世代を越えた交流の場を提供することが目的です。さらに、博士学生同士の交流も目的としています。他大学の博士課程学生との横のつながりも作ってみませんか?優秀な発表については「CSJ化学フェスタ博士オーラル賞」が授与されます。

開催日時
10月15日(火) 10時10分-17時12分
10月16日(水) 09時40分-11時55分
開催会場
タワーホール船堀 2F 蓬莱(H会場)※15日、4F 401会議室(E会場)※16日
プログラム
 

10月15日(火)

10:10-10:15
趣旨説明
石田 玉青(首都大学東京 大学院都市環境科学研究科・准教授)
10:15-10:27
架橋高分子ゲルの凍結誘起型応力蛍光:架橋構造の最適化とラジカル反応への展開
○加藤颯太・青木大輔・大塚英幸(東工大物質理工)
10:27-10:39
リン酸カルシウム複合体薄膜形成における高分子ゲル内のイオン拡散効果
○市川理乃・梶山智司・加藤隆史(東大院工)
10:39-10:51
プロトン伝導性高分子電解質の開発に向けた双連続キュービック液晶構造膜の創生
○小林 翼・廣田雄一朗・Zeng Xiangbing・一川尚広(農工大院工・阪大院基礎工・シェフィールド大)
10:51-11:03
温度制御型高速AFMを用いたハイドロゲル微粒子のナノ構造解析
○西澤佑一朗・松井秀介・浦山健治・呉羽拓真・柴山充弘・内橋貴之・鈴木大介(信州大繊維)
11:03-11:15
有機金属ハライドペロブスカイト太陽電池の高性能化へ向けた結晶の制御
○高橋冴実・木下卓巳・瀬川浩司(東大院総合)
11:15-11:27
分子動力学シミュレーションによるDIF-1レセプター活性化過程の解析
○姜 天龍・齊藤玉緒・南部伸孝(上智大院理工)
11:27-11:39
超音波浮揚を用いたzmolオーダーの微量計測
○宮川晃尚・原田 誠・岡田哲男(東工大理学院)
13:00-13:12
欠損型ポリオキソメタレートを用いた銀ナノクラスターの構造制御と電子状態解析
○米里健太郎・伊藤宏泰・板倉弘幸・水野哲孝・鈴木康介・山口和也(東大院工)
13:12-13:24
スクアリン酸と難水溶性金属原料を用いた均一形状ナノ粒子の水熱合成
○隈部佳孝・闞凱・大谷政孝・小廣和哉(高知工大院工)
13:24-13:36
希土類フリーNa5FeSi4O12型結晶化ガラスの合成とナトリウムイオン伝導に及ぼすSi置換効果
○川田耕司・吉田直哉・山下仁大・大倉利典(工学院大院工)
13:36-13:48
Synthesis, crystal structures, properties and their relations in Ag-Bi-I solar cell compounds
○Koedtruad Anucha・Handa Taketo・Nakamura Tomoya・Saito Takashi・Kan Daisuke・Kanemitsu Yoshihiko・Wakamiya Atsushi・Shimakawa Yuichi(Kyoto Univ.)
13:48-14:00
スマートウィンドウ応用を目指した酸化ロジウム薄膜のエレクトロクロミック特性向上
○JEONG CHAN YANG・阿部良夫・川村みどり・KIM KYONG HO・木場隆之・渡邊 浩・川本 徹・田嶌一樹(北見工大院・産総研ナノ材料研究部門)
14:00-14:12
逆ミセル及びゾルーゲル複合手法による高保磁力L10FePtナノ微粒子の合成
○武田拓真・松本健太・生井飛鳥・吉清まりえ・大越慎一(東大院理)
14:35-14:47
熱刺激により準安定―安定相転移を示す自己組織性ファイバーの開発とその光導電機能
○山口大輔・吉尾正史・加藤隆史(東大院工)
14:47-14:59
4-methylpyrimidineを配位子としたHofmann型2次元スピンクロスオーバー錯体の物性
○北清航輔・北澤孝史(東邦大院)
14:59-15:11
Pd触媒によるC-O結合切断を鍵としたアシルオキシケトンのα位アルキニル化反応
○藪田明優・土井良平・佐藤美洋(北大院薬)
15:11-15:23
二核コバルトポリピリジル錯体触媒による酸素の四電子還元とその反応機構の解明
○有馬弘晃・中薗孝志・和田 亨(立教大院理)
15:23-15:35
ヘテロクロマチン新規形成因子の機能解析
○愉 彦樺・土田麻衣・村上洋太(北大院総化)
15:35-15:47
細胞機能の制御と解明のための新しい光化学遺伝学ツールの開発
○沖 超二・吉井達之・築地真也(名工大院工)
15:55-16:12
新たなアニオン応答性π電子系であるジピロリルジケトンPtII錯体の合成
○久野温子・平田剛輝・小林洋一・前田大光(立命館大生命科学)
16:12-16:24
キラルブレンステッド酸を駆使した第9族遷移金属触媒による不斉C-H官能基化法の開発
○栗原拓丸・佐竹 瞬・波多野学・石原一彰・小島正寛・吉野達彦・松永茂樹(北大院薬)
16:24-16:36
インジウム塩による炭素炭素多重結合へのオキシメタル化を利用した複素環合成法の開発
○矢田哲治・西本能弘・安田 誠(阪大院工)
16:36-16:48
植物由来インドールアルカロイド配糖体の生合成フローに沿った集団的全合成研究
○楽満憲太・坂元寿輝弥・石川勇人(熊本大院自然)
16:48-17:00
パラジウム触媒によるフッ化アシルの炭素-フッ素結合および炭素-水素結合切断を鍵とする新規環骨格構築法
○桜井優香・荻原陽平・坂井教郎(東理大理工)
17:00-17:12
ツビフェラールAの不斉全合成研究
○行武悠樹・伊東龍生・平松孝啓・谷野圭持(北大院総化)

10月16日(水)

09:40-09:52
メソ多孔性イオン結晶の固体酸触媒活性の検討と対カチオン種が与える影響
○下山雄人・山田 匠・内田さやか(東大院総合)
09:52-10:04
酸化チタンナノ粒子の合成と分子触媒増感反応への応用
○佐野奎斗・Kuttassery Fazalurahman・石田玉青・嶋田哲也・立花 宏・井上晴夫・高木慎介(首都大院都市環境)
10:04-10:16
反応場の密度空間勾配に基づくリーゼガング型自己組織化構造の空間周期分岐因子の解明
○板谷昌輝・方青・鵜浦 啓・並河英紀(山形大院理工)
10:16-10:28
単一金メゾプレートに励起される高次プラズモン共鳴とその蛍光増強
○長谷川誠樹・今枝佳祐・井村考平(早大院先進理工)
10:28-10:40
Development of Novel Nitrogen-Containing Asymmetric n-Type Organic Semiconductors
○Yu Craig・Kumagai Shohei・Tsutsumi Michitsuna・Kurosawa Tadanori・Sugiura Hiroki・Tani Yukio・Ise Toshihiro・Watanabe Tetsuya・Takeya Jun・Okamoto Toshihiro(東大院新領域)
10:50-11:02
キラルπ共役ポリマーマイクロ球体共振器からの巨大円偏光発光
○大木 理・KulkarniChidambar・Meskers Stefan C. J.・Meijer Bert・佐々木史雄・Lin Zhan-Hong・Huang Jer-Shing・山本洋平(筑波大院数理物質)
11:02-11:14
自己組織性擬ポリロタキサンナノシートの創成
○上沼駿太郎・前田利菜・横山英明・伊藤耕三(東大院新領域)
11:14-11:26
ディスク状に成長する超分子ポリマー
○佐々木紀彦・竹内正之・杉安和憲(物材機構・九大院工)
11:26-11:38
パラジウム・ホスフィンスルホナート錯体を用いたエチレン/極性モノマーの共重合反応の機械学習を用いた予測
○秋田隼平・Guo Jing-Yao・Sigman S. Matthew・野崎京子(東大院工)
11:38-11:50
配列特有の性質に向けた交互配列ポリマーの精密合成:ジビニルモノマーの選択的環化重合
○亀谷優樹・大内 誠(京大院工)
11:50-11:55
閉会挨拶
石田 玉青(首都大学東京 大学院都市環境科学研究科・准教授)    

▲ TOPへ戻る


夢の次世代電池を追い求めて 担当委員:○小柳津 研一(早稲田大学)、浦崎 浩平(千代田化工建設工業株式会社)、
高瀬 舞(室蘭工業大学)、津田 哲也(大阪大学)、長田 実(名古屋大学)

自動車のEVシフト,再エネの導入拡大,蓄電池自体の大幅な価格下落などを背景として,電池を取り巻く状況は刻々と変化しています。本セッションでは,社会実装を目指す次世代電池を担う技術(電池の夢)を主題として,リチウムイオン電池,レドックスフロー電池,その他の新型電池を支える革新的な材料技術について,化学の視点で論じます。

開催日時
10月15日(火) 13時00分-17時05分
開催会場
タワーホール船堀 2F 瑞雲(I会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
小柳津 研一(早稲田大学 先進理工学部・教授)
13:05-13:50
蓄電池の大変革が起こる年
逢坂 哲彌(早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構・特任研究教授)
13:50-14:35
流れる電池で世界が変わる! ―レドックスフロー電池の開発状況と材料技術―
稲澤 信二 (京都大学大学院 工学研究科・特定教授 )
14:35-15:20
超高エネルギー密度をめざす蓄電池 空気を使った究極の蓄電池とは? ―リチウム空気電池の開発と展望―
久保 佳実(物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点・特命研究員)
15:30-16:15
汎用金属で高性能電池を創る!―マグネシウムイオンを利用した蓄電デバイス研究
市坪 哲(東北大学 金属材料研究所・教授)
16:15-17:00
電解液のない電池がなぜ動く? ―全固体電池への期待と開発動向―
高田 和典(物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点・拠点長)
17:00-17:05
閉会挨拶
高瀬 舞(室蘭工業大学・准教授)

▲ TOPへ戻る


軽くて柔軟な高分子を自由自在に動かす~ソフトアクチュエータの基礎から実用化まで~ 担当委員:○関 隆史(JXTGエネルギー株式会社)、一川 尚広(東京農工大学)、
原口 直樹(豊橋技術科学大学)、遠藤 善博(帝人株式会社)

これまでに、多種多様なソフトアクチュエータが、物質科学、物理、生物、工学の基礎的な観点からだけでなく、軽量、加工性、強度、静音性、コストなどの観点も踏まえて開発されてきています。その中で高分子材料は、軽量で柔軟な材料が変形するための重要な役割と機能が求められます。高分子自身を「動かす」という、金属によるメカニクスとは異なる、繊細・微細な動きや多様なエネルギーの変換を可能にするアクチュエータや人工筋肉などへの応用につながり、大変期待されています。本セッションでは、ソフトアクチュエータについて基礎の話から分かりやすく解説していただくとともに、実用化に向けての開発状況を紹介していただきます。

開催日時
10月15日(火) 09時20分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 2F 平安(J会場)
プログラム
 
09:20-09:25
開会挨拶
関 隆史(JXTGエネルギー株式会社 機能材カンパニー・プリンシパルリサーチャー)
09:25-10:05
未来を動かすソフトアクチュエータ
奥崎 秀典(山梨大学 大学院総合研究部・教授)
10:05-10:45
液晶高分子を用いて光駆動ソフトアクチュエータをつくる
池田 富樹(中央大学 研究開発機構・教授)
10:45-11:25
生物のように自律的に動くスマートな高分子材料の開発とソフトアクチュエータとしての展開
吉田 亮(東京大学 大学院工学系研究科・教授)
11:25-12:00
イオン伝導アクチュエータ、導電性高分子アクチュエータを使用した各種応用デバイス
瀬和 信吾(イーメックス株式会社・代表取締役社長)

▲ TOPへ戻る


液体、半端ないって ~機能性液体の設計から応用の最前線~ 担当委員:○一川 尚広(東京農工大学)、山中 正道(静岡大学)、植村 卓史(東京大学)

有機分子の真の機能を引き出す上で、その分子の『態(状態)』を制御することが極めて重要です。近年、液体状態で光学特性・イオン伝導性・低粘性・高溶媒和力などの高い機能を示す物質群が続々と見出されており、有機材料化学の常識に新たな潮流が生まれています。有機物の液体らしさと機能の間にはどのような関係があるのでしょうか?本セッションでは、このような機能液体の最前線と今後の展望について、産官学の講師陣に御講演いただきます。

開催日時
10月15日(火) 13時00分-16時40分
開催会場
タワーホール船堀 2F 平安(J会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
一川 尚広(東京農工大学 工学研究院・特任准教授)
13:05-13:45
イオン液体の発見・発展・未来
大野 弘幸(東京農工大学・学長)
13:45-14:25
魅せます「液体」の新機能
中西 尚志(物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA) フロンティア分子グループ・グループリーダー)
14:25-15:05
潤滑油の組成と機能
田川 一生(JXTGエネルギー株式会社 潤滑油カンパニー 潤滑油研究所・プリンシパルリサーチャー)
15:15-15:55
流れる有機物の単結晶!?
福島 孝典(東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所・教授)
15:55-16:35
固体と液体をクロスオーバーするsuper coolな光化学
君塚 信夫(九州大学大学院 工学研究院・主幹教授)
16:35-16:40
閉会挨拶
山中 正道(静岡大学 理学部・准教授)

▲ TOPへ戻る


10月16日(水)

インフォマティクスが担う素材開発の未来 ~研究から生産現場まで、そして次世代コンピューティングへの期待~ オーガナイザー:船津 公人(東京大学) 担当委員:○小柳津 聡(旭化成株式会社)、及川 昭(住友ベークライト株式会社)

マテリアルズ・インフォマティクスを筆頭として、インフォマティクスは技術の世界を大きく変革し得る可能性を秘めています。この2年間インフォマティクス講演を企画し、適用検討事例などもいくつか紹介してまいりましたが、今後益々インフォマティクス適用の成果と課題が鮮明となり、また量子コンピュータによる計算処理の高速化などにより新たな魅力が見えてくることが期待されます。本セッションでは、その一端について産官学の講師陣に御講演いただきます。

開催日時
10月16日(水) 13時00分-16時50分
開催会場
タワーホール船堀 5F 小ホール(B会場)
プログラム
 
13:00-13:20
開会挨拶および概要について
船津 公人(東京大学 工学系研究科・教授)
13:20-14:00
データ科学を用いた材料・触媒設計の実例:ペロブスカイト太陽電池とメタン酸化カップリング触媒
髙橋 啓介(北海道大学 理学研究院・准教授)
14:00-14:40
機能性材料を発見・創製するための未来型In Silico技術とは何か?
杉本 学(熊本大学 大学院先端科学研究部・准教授)
14:50-15:30
三井化学におけるソフトセンサー適用事例と今後の展望
大寳 茂樹(三井化学株式会社 生産・技術本部・主席部員)
15:30-16:10
日本触媒におけるMIの適用事例
〇右田 啓哉・松尾 裕樹(株式会社日本触媒 解析技術センター・研究員)
16:10-16:50
量子コンピュータが拓く素材開発の新境地
大西 裕也(JSR株式会社 四日市研究センター・次長)

▲ TOPへ戻る


今注目のバイオ相分離!~化粧品からRNAまで産業と研究の最先端から生命の成り立ちと組織化の妙技に迫る~ 担当委員:○田中 賢(九州大学)、三好 大輔(甲南大学)、
池田 将(岐阜大学)、新垣 篤史(東京農工大学)、
橋詰 峰雄(東京理科大学)、西澤 精一(東北大学)

相分離と聞いて何を想像しますか?水と油の分離でしょうか。相分離は、均一であった相が何かのきっかけで二つ以上の相に分離する現象です。洗剤や化粧品など生活用品のスケール、細胞膜やオルガネラの形成のマイクロスケール、さらにはRNAやタンパク質などのナノスケール相分離まで、各スケールで社会活動にも生命活動にも不可欠な現象でもあります。近年、細胞の中での相分離が大きな注目を集めています。本セッションでは、工業製品、有機合成と精製、超分子、生体分子、細胞の成り立ちや働きなどを、相分離をキーワードとして議論します。相分離現象の最先端を産業から基礎研究まで分野を横断して俯瞰し、新たな視点で生命の成り立ちと組織化の妙技に迫ることを目的にします。

開催日時
10月16日(水) 09時25分-16時55分
開催会場
タワーホール船堀 4F リハーサル室(C会場)
プログラム
 
09:25-09:30
開会挨拶
田中 賢(九州大学 先導物質化学研究所・教授)
09:30-10:15
【基調講演】相分離が生み出す分子組織化の新しい可能性
国武 豊喜(九州大学 高等研究院・特別主幹教授)
10:15-10:45
相分離を利用したミクロゲルの合成と物性~化粧品の使用感触コントロールを目指して~
曽我部 敦(株式会社資生堂 グローバルイノベーションセンター・主任研究員)
10:50-11:20
固体と液体の相分離 固体分散剤を用いた液体二酸化炭素中における樹脂粒子の形成技術
中浜 数理(キヤノン株式会社 周辺機器事業本部 化成開発センター・主幹)
11:20-11:50
AJIPHASE® 固-液, 液-液相分離を用いたペプチドやオリゴ核酸の実用的液相合成法
高橋 大輔(味の素株式会社 バイオ・ファイン研究所・上席研究員)
13:00-13:30
固体と油の相分離 ポリイオンコンプレックス粒子の開発
白谷 俊史(日本ロレアル株式会社 R&Iセンター・シニアリサーチャー)
13:30-14:00
化粧品科学を支える相分離現象
山下 裕司(千葉科学大学 薬学部・准教授)
14:00-14:30
相分離技術でタンパク質を分離・濃縮・材料化する
野島 達也(東南大学(中国) 生物電子学与国家重点実験室・副教授)
14:40-15:10
細胞も相分離してるんです~複雑な内部構造の起源に迫る~
湊元 幹太(三重大学 大学院工学研究科・准教授)
15:10-15:40
細胞内の相分離構造体形成を主導するRNAの役割
廣瀬 哲郎(北海道大学 遺伝子病制御研究所・教授)
15:40-16:10
相分離生物学 ― 液-液相分離が解き明かす生命の謎
白木 賢太郎(筑波大学 数理物質系・教授)
16:10-16:50
【基調講演】ソフトマターの特異な相分離ダイナミクス
田中 肇(東京大学 生産技術研究所・教授)
16:50-16:55
閉会挨拶
三好 大輔(甲南大学 フロンティアサイエンス学部・教授)

▲ TOPへ戻る


環境に優しい化学合成技術~精密フロー合成は化学プロセスの常識を覆せるか~ 担当委員:○秋葉 巌(出光興産株式会社)、田中 紳一郎(住友化学株式会社)、
石田 玉青(首都大学東京)、清水 宗治(九州大学)、南 豪(東京大学)

化学合成技術のひとつであるフロー合成法は、廃棄物が少なく環境負荷の低減、効率性、安全性の面で多くの利点があります。従来はバッチ合成でなければ製造困難であった複雑な構造を有する化成品や精密化学品の製造をフロー合成で行う「精密フロー合成」技術が提案されています。本セッションでは、連続フロー合成技術の特徴、メリットを環境、エネルギー等のプロセス面から紹介すると共に、企業での検討事例を通し、その適用可能性について議論します。

開催日時
10月16日(水) 09時20分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 4F 研修室(D会場)
プログラム
 
09:20-09:25
開会挨拶
秋葉 巌(出光興産株式会社 次世代技術研究所・所長付)
09:25-09:55
150年の歴史を変える革新プロセスによる身近な化学品製造
土肥 英幸(新エネルギー・産業技術総合開発機構 技術戦略研究センター・環境・化学ユニット長)
09:55-10:35
精密フロー合成プロセス設計・操作の現状と将来
古屋 武(産業技術総合研究所 材料・化学領域 化学プロセス研究部門・研究部門長)
10:35-11:15
「フロー合成法」による化成品製造サービス
堀江 智章(富士フイルム和光純薬株式会社 機能性材料研究所・主任研究員)
11:15-11:55
とある企業の連続プロセスR&D for a decade
小沢 征巳(日産化学株式会社 物質科学研究所・Gリーダー)
11:55-12:00
閉会挨拶
秋葉 巌(出光興産株式会社 次世代技術研究所・所長付)

▲ TOPへ戻る


膜分離技術の最前線~エネルギーを掛けず地球を守る膜技術~ 担当委員:○田中 紳一郎(住友化学株式会社)、小柳津 研一(早稲田大学)、桑折 道済(千葉大学)、南 豪(東京大学)

ガスの深冷分離や吸着分離、液の蒸留などの物質分離を膜分離により低エネルギーで行うことは、化学プロセスの一つの夢と言ってよいでしょう。コスト低減のみならず、地球環境問題によい解決策を与える技術でもあります。その課題に挑戦している先生方、そして一部実用化している企業の方々の努力もあり、進展が見られるようになりました。本セッションでは、膜分離技術の最前線とその先を議論します。

開催日時
10月16日(水) 13時00分-16時30分
開催会場
タワーホール船堀 4F 研修室(D会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
田中 紳一郎(住友化学株式会社 技術・研究企画部・担当部長)
13:05-13:50
炭化水素の膜分離は夢の省エネ技術
松方 正彦(早稲田大学 理工学術院・教授)
13:50-14:35
高分子膜による分離技術はここまで来た
兼橋 真二(東京農工大学 大学院工学研究院・助教)
14:35-15:15
逆浸透法の挑戦 -有機溶媒分離へのチャレンジ-
中尾 真一(工学院大学 先進工学部・教授)
15:15-15:55
水素エネルギー社会実現に向けた高性能分離膜
野村 幹弘(芝浦工業大学 工学部・教授)
15:55-16:30
ここまで開発が進んでいる膜分離技術
武脇 隆彦(三菱ケミカル株式会社・フェロー)

▲ TOPへ戻る


駆動している電池をそのまま観測しよう! ~オペランド計測技術の最前線~ 担当委員:〇千賀 武志(富士フイルム)、冨田 恒之(東海大学)

近年、全固体電池をはじめとした次世代電池開発が盛んに進められており、その実現のためには、用いられている新たな材料の動作原理を深く理解し、制御することが必要となっています。そのために、動作環境下で材料をそのまま観測する「オペランド」計測技術の開発もまた盛んにおこなわれています。本セッションでは、電池材料をターゲットにした最新のオペランド計測技術の状況についてご紹介いただきます。

開催日時
10月16日(水) 09時30分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 2F 蓬莱(H会場)
プログラム
 
09:30-09:35
開会挨拶
千賀 武志(富士フイルム株式会社 R&D統括本部・研究マネージャー)
09:35-10:10
「オペランド」~電池材料開発の最前線に立つ新たな計測技術~
藤田 大介(物質・材料研究機構 先端材料解析研究拠点・拠点長)
10:10-10:45
放射光が開く電池材料のオペランド計測技術の最前線
細野 英司(産業技術総合研究所 省エネルギー研究部門・主任研究員)
10:45-11:20
「iMATERIA」における電池材料の中性子回折測定技術の最前線
石垣 徹(茨城大学 フロンティア応用原子科学研究センター・教授)
11:20-11:55
企業におけるオペランド計測、電池材料開発の最前線
今井 英人(株式会社日産アーク 解析プラットフォーム開発部・部長)
11:55-12:00
閉会挨拶
冨田 恒之(東海大学 大学院理学研究科・准教授)

▲ TOPへ戻る


楽しもう!ドクター生活!拓こう自分の人生 担当委員:○佐藤 浩太郎(東京工業大学)、石田 玉青(首都大学東京)、
長崎 幸夫(筑波大学)、矢島 知子(お茶の水女子大学)、藤原 隆司(埼玉大学)、
織田 ゆか里(九州大学)、廣原 志保(宇部工業高等専門学校)

みんなそうしているから「修士を終えたら企業に就職」と漠然と自分の将来を決めていませんか?本セッションでは、博士は修士と何が違うのか、博士取得後にどのような人生が描けるのかを、産学官の第一線で活躍されているベテラン研究者の方々にご講演頂きます。また、学生時代に化学フェスタで「最優秀ポスター賞」を受賞した方が、その後どのように社会に羽ばたいたかについてもご講演頂きます。これらの講演を通じして、学生の皆さんが「自分が活躍する将来像」を具体的にイメージできるようにアドバイスを贈ります。

開催日時
10月16日(水) 13時00分-16時30分
開催会場
タワーホール船堀 2F 蓬莱(H会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
佐藤 浩太郎(東京工業大学 物質理工学院応用化学系・教授)
13:05-13:45
人生いちどっきり-はみ出し研究者の歩んだ道
河野 正規(東京工業大学 理学院化学系・教授)
13:45-14:10
博士号取得という選択肢 ?就職? 進学? 何を基準に進路を決めるのか?
藤村 卓也(島根大学 大学院自然科学研究科・助教)
14:10-14:35
博士課程卒業から約2年 ~今までを振り返って~
小宮 麻希(東北大学 電気通信研究所・助教)
14:40-15:05
博士号を取得して広がる世界
湊 拓生(九州大学 大学院工学研究院・学術研究員(学振PD))
15:05-15:45
Ph.D.にインセンティブはあるか
岸本 健史(ソルベイスペシャルティポリマーズジャパン株式会社 技術開発部)
15:45-16:25
燃えろDoctor! 企業は君に期待している
多田 啓司(旭化成株式会社・シニアアドバイザー)
16:25-16:30
閉会挨拶
織田 ゆか里(九州大学 大学院工学研究院・助教)

▲ TOPへ戻る


新時代の表面・界面 ~どう創る?どう見る?~ 担当委員:○橋詰 峰雄(東京理科大学)、飯沼 洋介(日産化学株式会社)、遠藤 善博(帝人株式会社)

形あるものが生まれれば、そこに表面が生まれます。また、「もの」と「もの」が触れ合えば、そこに界面が生まれます。ものづくりの長い歴史と共に発展してきた表面・界面に関する研究について、時代と時代を繋ぐ界面ともいえる今年、改めて注目してみてはいかがでしょうか。本セッションでは、新しい時代を担う表面・界面の創製や計測について、世界の潮流を読みとり独自のアプローチを展開されている講師の方々からわかりやすくご紹介頂きます。

開催日時
10月16日(水) 13時00分-16時20分
開催会場
タワーホール船堀 2F 瑞雲(I会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
橋詰 峰雄(東京理科大学 工学部・教授)
13:05-13:35
異種材料を接着して軽量部品をつくる
佐藤 千明(東京工業大学 科学技術創成研究院・教授)
13:35-14:05
接着界面を非破壊でみる
内藤 昌信(物質・材料研究機構 統合型材料開発・情報基盤部門・グループリーダー)
14:05-14:35
高精度・高分解能で高分子表面・界面をみる
菊間 淳(旭化成株式会社 基盤技術研究所・部長)
14:45-15:15
生体由来物質で機能表面・界面をつくる
芹澤 武(東京工業大学 物質理工学院・教授)
15:15-15:45
高分子材料表面・界面の構造と物性をみる
田中 敬二(九州大学 工学研究院・教授)
15:45-16:15
液中表面をAFMでみる
福間 剛士(金沢大学 ナノ生命科学研究所・所長/教授)
16:15-16:20
閉会挨拶
飯沼 洋介(日産化学株式会社 機能性材料事業部・主査)

▲ TOPへ戻る


え?!そこにこだわる有機合成化学? 担当委員:○田中 克典(理化学研究所)、中西 和嘉(物質・材料研究機構)、舟橋 正浩(香川大学)

あなたに「こだわり」がないと面白い有機合成なんてできません!原料費、合成ルート、反応時間、収率、または最終生成物の純度など、研究者はいろいろな「こだわり」を持って研究しています。本セッションでは、産官学のトップ研究者が今、一番大事にしている「こだわり」を教えます。テコでも動かない「こだわり」で生み出された美しい天然物や革新的な薬理活性分子、あるいは生活を豊かにする機能性材料を紹介します。

開催日時
10月16日(水) 09時30分-16時30分
開催会場
タワーホール船堀 2F 平安(J会場)
プログラム
 
09:30-09:35
開会挨拶
田中 克典(理化学研究所 開拓研究本部・主任研究員)

(テーマ1)有機ものづくりの「こだわり」

09:35-10:05
100%アトムエコノミーにこだわる不斉触媒反応
松永 茂樹(北海道大学 大学院薬学研究院・教授)
10:05-10:30
「油」の有機化学を環境からヘルスケア、そして宇宙まで
土田 衛(日油株式会社 先端技術研究所・研究員)
10:30-11:00
珍妙なキラリティーを生み出す有機合成
井川 和宣(九州大学 先導物質化学研究所・助教)

(テーマ2)物性と材料合成における「こだわり」

11:00-11:30
今でしょ!その場で作る機能性材料
加藤 雄一郎(理化学研究所 開拓研究本部・主任研究員)
11:30-12:00
産業応用に向けたこだわりの有機化学
森 一(和歌山県工業技術センター 化学技術部・部長)
13:00-13:25
ナノの世界で日本車を走らせたい
中西 和嘉(物質・材料研究機構・主任研究員)    

(テーマ3)創薬研究における「こだわり」

13:25-13:50
良い活性なのになぜそこまでいじるの?創薬化学構造
野沢 大(大正製薬株式会社 Discovery研究所・マネージャー)
13:50-14:20
これからの創薬研究にどれくらい有機合成化学の知識が必要か?!
玉村 啓和(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所・教授)
14:20-14:45
疾患治療のための製薬企業のこだわり
古市 紀之(中外製薬株式会社 研究本部 創薬企画推進部)

(テーマ4)天然物合成における「こだわり」

14:55-15:25
人とは一味違うオレ流天然物合成
早川 一郎(岡山大学 大学院自然科学研究科・准教授)
15:25-15:55
合成ルートへの飽くなきこだわり:天然物に到達できる最善案を尽くす!
横島 聡(名古屋大学 大学院創薬科学研究科・教授)
15:55-16:25
何の酔狂で糖鎖を作る?
伊藤 幸成(理化学研究所 開拓研究本部・主任研究員)
16:25-16:30
閉会挨拶
中西 和嘉(物質・材料研究機構 分子機能化学グループ・主任研究員)

▲ TOPへ戻る


循環型社会への切り札!?バイオプラスチックの今と未来~ 担当委員:○桑折 道済(千葉大学)、遠藤 善博(帝人株式会社)、
片桐 友章(積水化学工業株式会社)、清水 宗治(九州大学)、関 隆史(JXTGエネルギー株式会社)、
田中 紳一郎(住友化学株式会社)、原口 直樹(豊橋技術科学大学)

バイオプラスチックは、微生物によって分解される「生分解性プラスチック」と、バイオマスを原料に製造される「バイオマスプラスチック」の総称です。プラスチックに起因する諸問題の解決ならびに資源循環社会の構築に向け、「生分解性」と「バイオマス」の特性を生かした様々な取り組みがなされています。本セッションでは、最先端の研究者の方々に御講演いただき、バイオプラスチックの今と未来を議論します。

開催日時
10月16日(水) 09時25分-16時30分
開催会場
タワーホール船堀 2F 福寿(K会場)
プログラム
 
09:25-09:30
開会挨拶
遠藤 善博(帝人株式会社 マテリアル技術本部・担当部長)
09:30-10:15
バイオプラスチックとは
府川 伊三郎(株式会社旭リサーチセンター・シニアリサーチャー)
10:15-10:50
海洋環境で分解性プラスチックを実現するための技術開発
粕谷 健一(群馬大学 大学院理工学府・教授/群馬大学 食健康科学教育研究センター・センター長)
10:50-11:25
深海環境下における生分解性プラスチックの分解性
加藤 千明(NPO法人チームくじら号・代表)
11:25-12:00
資源循環に向けた植物由来モノマーの精密重合
佐藤 浩太郎(東京工業大学 物質理工学院・教授)
13:00-13:40
生分解性バイオマスプラスチックの今と未来
岩田 忠久(東京大学 大学院農学生命科学研究科・教授)
13:40-14:20
リグニンの高度利用と森林バイオマス
福島 和彦(名古屋大学 大学院生命農学研究科・教授)
14:20-15:00
特殊なアミノ酸を用いた分解性バイオエンプラ
金子 達雄(北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科・教授)
15:05-15:45
微生物による生分解性新規バイオポリエステルの合成
柘植 丈治(東京工業大学 物質理工学院・准教授)
15:45-16:25
SDGsが目指す世界におけるプラスチックの使い方
加茂 徹(産業技術総合研究所 環境管理研究部門・招聘研究員)
16:25-16:30
閉会挨拶
桑折 道済(千葉大学 大学院工学研究院・准教授)

▲ TOPへ戻る


10月17日(木)

究極の化学がここにある!~自然に学び自然に迫る触媒デザイン~ 担当委員:○江利山 祐一(JSR株式会社)、大内 誠(京都大学)、島崎 洋次(愛媛大学)

合成化学の歴史は酵素を目指した触媒の進歩と共に歩んできたと言っても過言ではありません。触媒のおかげで材料特性を著しく向上させる機能性分子が開発され、さらには酵素様の働きをする分子も開発されてきました。本セッションでは触媒反応場の新設計、人工光合成、機能素材の実用化、更に生命の神秘に迫るバイオ触媒など、最新の触媒科学を紹介することで、化学の発展に欠かせない触媒の重要性に迫ります。

開催日時
10月17日(木) 09時25分-16時35分
開催会場
タワーホール船堀 5F 小ホール(B会場)
プログラム
 
09:25-09:30
開会挨拶
江利山 祐一(JSR株式会社 研究開発部・マイスター)

(テーマ1)触媒反応場の新設計

09:30-10:20
モジュール型に機能を組み込む動的らせん高分子触媒:次世代不斉合成の実現に向けて
杉野目 道紀(京都大学 大学院工学研究科・教授)

(テーマ2)究極の触媒反応を目指す

10:20-11:10
人工光合成でクリーンな水素を創る:植物の光合成に学び、模倣し、超える
阿部 竜(京都大学 大学院工学研究科・教授)
11:10-12:00
電子・プロトンを自在に操る多核錯体触媒
正岡 重行(大阪大学 大学院工学研究科・教授)    

(テーマ3)機能素材を作る

13:00-13:50
ガドリニウム触媒で創る驚異の新素材:樹脂/ゴム高分子複合体
会田 昭二郎(株式会社ブリヂストン 先端技術担当・フェロー)
13:50-14:40
バイオ触媒の実用化に学ぶ -シンプルプロセスの追求―
進藤 敦徳(三井化学株式会社 研究開発企画管理部・シニアアナリスト)

(テーマ4)未来を拓くバイオ触媒技術

14:50-15:40
ペプチド薬剤を作る人工生合成システム
後藤 佑樹(東京大学 大学院理学系研究科・准教授)
15:40-16:30
試験管の中でクモ糸を自由に作る
沼田 圭司(理化学研究所 バイオ高分子研究チーム・チームリーダ)
16:30-16:35
閉会挨拶
島崎 洋次(愛媛大学 大学院理工学研究科・准教授)

▲ TOPへ戻る


創薬物語 ~こうやってクスリは創られる~ 担当委員:○岡本 晃充(東京大学)、三好 大輔(甲南大学)、
田中 賢(九州大学)、新垣 篤史(東京農工大学)、池田 将(岐阜大学)、
橋詰 峰雄(東京理科大学)、西澤 精一(東北大学)

「クスリ」は、どうやってできるのでしょうか?創薬では、新しい治療標的や独創的な戦略が常に求められており、広範な基礎科学分野にまたがって多様な専門家の英知と技術を結集させなければなりません。本セッションでは、医薬品開発の実例をもとに、ブレイクスルーとなるような新たな展開をどのように見出し、それを「クスリ」に結び付けるためにどのような戦略で研究を進めてきたかをご紹介いただきます。

開催日時
10月17日(木) 09時30分-11時55分
開催会場
タワーホール船堀 4F リハーサル室(C会場)
プログラム
 
09:30-09:35
開会挨拶
岡本 晃充(東京大学 先端科学技術研究センター・教授)
09:35-10:10
人工核酸で病気を治す!~核酸医薬という新しいお薬~
和田 猛(東京理科大学 薬学部・教授)
10:10-10:45
化学合成した核酸を使って遺伝子疾患の治療にチャレンジ!
小泉 誠(第一三共株式会社 バイオロジクス本部 ・主席)
10:45-11:20
世界にたった1つの薬を創る! ー あなたも「分子の創造者」になってみませんか? ー
林 良雄(東京薬科大学 薬学部・教授)
11:20-11:55
糖尿病治療薬Fasiglifamの創製研究~成功確率1/30,000への挑戦~
味上 達(武田薬品工業株式会社 リサーチ ニューロサイエンス創薬ユニット・主席研究員)

▲ TOPへ戻る


熱電変換技術は地球を救う 担当委員:○山口 和也(東京大学)、石渡 拓己(コニカミノルタ株式会社)、沖 裕延(DIC株式会社)、高瀬 舞(室蘭工業大学)、長田 実(名古屋大学)

熱を電力に変換できる熱電変換技術は、二酸化炭素を排出しない環境調和型の発電技術として注目を集めています。ゼーベック効果、ペルチエ効果が発見されてから約200年が経過しようとしていますが、近年、無機熱電材料のみならず、有機熱電材料や無機/有機ハイブリッド熱電材料なども相次いで開発されています。本セッションでは熱電変換技術の最前線を紹介します。

開催日時
10月17日(木) 09時30分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 4F 研修室(D会場)
プログラム
 
09:30-09:35
開会挨拶
山口 和也(東京大学 大学院工学系研究科・教授)
09:35-10:10
熱電変換技術はどこまで来たか:材料開発から発電実証まで
太田 道広(産業技術総合研究所 省エネルギー研究部門・主任研究員)
10:10-10:45
電子の回転「スピン」を使いこなそう! ―情報処理から発電までー
齊藤 英治(東京大学 大学院工学系研究科・教授)
10:50-11:25
「ひずみ」を使って熱電変換技術の普及拡大を目指す
塩見 淳一郎(東京大学 大学院工学系研究科・教授)
11:25-12:00
熱電材料の新しい鉱脈を求めて
玉置 洋正(パナソニック株式会社 テクノロジー・イノベーション本部・主任研究員)

▲ TOPへ戻る


From Japan to World ~ Let’s Enjoy Chemistry! / 日本から世界へ~グローバルに化学を楽しもう! Organizing committee:○Fumihiko Ikejiri (BASF Japan), ○Yuya Oaki (Keio Univ.),
Masato Ikeda (Gifu Univ.), Yoshinori Takashima (Osaka Univ.)

CSJ Chemistry Festa launched a new English session last year. The international participants enjoyed nice talks presented by international researchers and attractive round-table meeting with the active researchers. This year, 9th CSJ Festa expands the stage from world-to-Japan to Japan-to-world so that not only international but also Japanese researchers who have international career will give special talks about their global careers. The organizing committee welcome both international and Japanese researchers, postdocs, and students who want to be active in global stage of chemistry.

Date
October 17, Thu. 13:00-17:30 / 10月17日(木) 13時00分-17時30分
Location
4th Floor, Meeting Room # (Room E) / タワーホール船堀 4F 401会議室(E会場)
Program
 
13:00-13:05
Opening remarks
Yoshinori Takashima(Osaka University)
13:05-13:30
How to live and work permanently in Japan
Karthaus Olaf(Chitose Institute of Science and Technology, Department of Applied Chemistry and Bioscience・Professor)
13:30-13:55
From a French-Japanese binding loop to a singular colloids association
Regis Guegan(Waseda University School of Science and Engineering・Associate Professor)
13:55-14:20
From Polymers to Porphyrins and Back Again - My Research Journey in Japan
Jan Labuta( National Institute for Materials Science (NIMS) International Center for Materials Nanoarchitectonics (MANA)・MANA Independent Scientist (Senior Researcher))
14:40-15:05
How to manage the lab and researchers in Russia!?
Katsunori Tanaka (RIKEN Cluster for Pioneering Research, Biofunctional Synthetic Chemistry Laboratory・Chief Scientist)
15:05-15:30
Ph.D. study in organic chemistry at MIT
Ryo Shintani(Osaka University, Graduate School of Engineering Science・Professor)
15:50-16:10
Making a Difference with Passion and Knowledge in Dow R&D
Son T. Phan(Dow Group Dow Consumer Solutions - Japan R&D・Senior Research Specialist)
16:10-16:30
Changing the World from Japan - Perspective from Academia and Corporation
Daniel Kuo(JSR Corporation Advanced Materials Research Lab・Researcher)
16:30-16:50
Dive to Singapore ~R&D in BASF~
Iori Doi(BASF Japan Ltd. Amagasaki R&D Center・Manager)
16:50-17:10
Product Development Research in USA
Akira Fuji(Kao Corporation R&D - Personal Health Care Products Research・Vice President)
17:10-17:30
Free Discussion

▲ TOPへ戻る


今さら聞けない実用濃厚分散系の分散・凝集と成膜化の考え方 企画担当:コロイドおよび界面化学ディビジョン(米澤 徹(北海道大学)、
石田 尚之(岡山大学)、武田 真一(武田コロイドテクノ・コンサルティング株式会社))
担当委員:〇橋詰 峰雄(東京理科大学)、岡本 敏宏(東京大学)

微粒子の濃厚分散系、いわゆる濃厚コロイドに使われる「分散・凝集」の技術は、セラミックス、電池材料、塗料をはじめとする材料分野だけでなく、食品、化粧品、医薬品、農薬など化学分野、さらにはセメントを通じてインフラ分野にも広くかつ深く関連しています。本セッションでは、幅広い分野の共通課題であるこの分散・凝集現象とその制御に加え、分散系からの乾燥・成膜化と乾燥粉からの均一再分散を含め、より総合的深くに議論する機会を設けます。

開催日時
10月17日(木) 09時20分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 2F 蓬莱(H会場)
プログラム
 
09:20-09:25
開会挨拶
武田 真一(武田コロイドテクノ・コンサルティング株式会社・社長)
09:25-10:05
ものづくりに効く分散凝集の工学的基礎
東谷 公(京都大学・名誉教授)
10:05-10:45
塗布乾燥におけるコロイドの非平衡構造形成シミュレーション:メカニズムから考えるものづくりへ
辰巳 怜(東京大学 環境安全研究センター・特任助教)
10:45-11:25
化学の力でエレクトロニクスを進化させる:金属フィラー分散系における樹脂マトリックス中での導電パス形成過程
井上 雅博(群馬大学 大学院理工学府・准教授)
11:25-11:55
分子オーダーの表面間力を測る:何が分散凝集を支配するのか?
石田 尚之(岡山大学 大学院自然科学研究科・准教授)
11:55-12:00
閉会挨拶
米澤 徹(北海道大学 大学院工学研究院・教授)

▲ TOPへ戻る


モノづくりに革命を! 人工知能と計算科学が導く次世代の材料開発 担当委員:○石井 宏幸(筑波大学)、渡部 英司(三井化学株式会社)

様々な分野で人工知能がとても注目されています。最近、材料開発の分野でも、第一原理計算や分子動力学計算に代表される計算科学に加えて、人工知能が駆使されるようになってきました。膨大で複雑な測定・計算データの解析や従来型の計算科学が苦手とする逆問題に対して人工知能の有効性が示されています。本セッションでは、人工知能を計算科学や測定データとうまく連携させた材料開発技術を紹介します。

開催日時
10月17日(木) 09時20分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 2F 瑞雲(I会場)
プログラム
 
09:20-09:25
開会挨拶
石井 宏幸(筑波大学 数理物質系・助教)
09:25-10:00
人工知能と第一原理計算による高速・高精度なデータ解析 ~分光法への応用~
溝口 照康(東京大学 生産技術研究所・教授)
10:00-10:35
機械学習と計算科学の連携が可能にする物性予測 ~イオン伝導体・触媒への応用~
旭 良司(株式会社豊田中央研究所 旭特任研究グループ・リーダ)
10:45-11:20
人工知能で挑む材料設計 ~有機エレクトロニクスへの応用~
隅田 真人(理化学研究所 革新知能統合研究センター・特別研究員)
11:20-11:55
マテリアルズインフォマティクスの最新動向と未来
嶋田 義皓(科学技術振興機構 研究開発戦略センター・フェロー)
11:55-12:00
閉会挨拶
渡部 英司(三井化学株式会社 研究開発本部・主席部員)

▲ TOPへ戻る


ブラック?ホワイト? ~カーボン・パイ電子系材料の新展開~ 担当委員:○森下 聡(JSR株式会社)、山下 恭弘(東京大学)、岡本 敏宏(東京大学)

ナノカーボン材料やパイ電子系材料は、これらの特性から光、電子、磁性などの機能を有する素材として活発に研究が行われています。また、ごく最近、ナノカーボンの珍しい分子挙動やこれらの材料の特性を活かした物質変換反応も報告されるようになり、本研究分野の新展開が大いに注目されています。本セッションでは、「ナノカーボン」と「パイ電子系」をキーワードとし、産官学の研究機関より最新のトピックを紹介していただきます。

開催日時
10月17日(木) 09時20分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 2F 平安(J会場)
プログラム
 
09:20-09:25
開会挨拶
森下 聡(JSR株式会社 研究開発部・研究推進チームリーダー)
09:25-09:50
いよいよ使われ始めたぞカーボンナノチューブ!ー最新状況俯瞰
畠 賢治(産業技術総合研究所 ナノチューブ実用化研究センター・センター長)
09:50-10:15
漆黒への挑戦 ~色材としてのカーボンナノチューブ加工製品,Lionanoc(R)~
名畑 信之(トーヨーカラー株式会社 機能分散技術2部)
10:15-10:40
水が拓く金属-カーボンナノチューブ触媒のニューワールド
北之園 拓(東京大学 大学院理学系研究科・助教)
10:40-11:05
光る高分子 ~印刷でつくる有機ELの世界~
山田 武(住友化学株式会社 有機EL事業化室・部長)
11:05-11:30
PEDOT:PSS系導電塗料「デナトロン」とナノカーボンによる新展開
櫻井 隆裕(ナガセケムテックス株式会社 機能化学品事業部 導電材料部)
11:30-11:55
ナノカーボン材料を「分子」でつくってみる:自由に設計して思い通りの機能を生み出そう
佐藤 宗太(東京大学 大学院理学系研究科・特任准教授)
11:55-12:00
閉会挨拶
岡本 敏宏(東京大学 大学院新領域創成科学研究科・准教授)

▲ TOPへ戻る


未利用エネルギーを有効活用しよう! ~柔らかい材料による振動発電と熱電の新展開~ 担当委員:○岡本 敏宏(東京大学)、小柳津 聡(旭化成株式会社)、
宍戸 厚(東京工業大学)、瀧宮 和男(東北大学)

近年、環境中に存在する未利用エネルギーを電力に変換する発電技術、いわゆるエネルギーハーベスティング技術に注目が集まっています。この技術は、充電や交換の必要がない電源として、ユビキタスネット社会やモノのインターネット(Internet of things, IoT)社会の実現には必要不可欠です。本セッションでは、振動発電、熱電、光電などの発電技術に係わる材料およびデバイスに焦点をあてたテーマを紹介していただきます。

開催日時
10月17日(木) 13時00分-16時40分
開催会場
タワーホール船堀 2F 平安(J会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
岡本 敏宏(東京大学 大学院新領域創成科学研究科・准教授)
13:05-13:45
プラスチックを使ったPrinted・Flexible熱電発電
竹延 大志(名古屋大学 大学院工学研究科・教授)
13:45-14:25
ねじれる温度差発電シート
野々口 斐之(奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学領域・助教)
14:35-15:15
柔らかい高分子材料による振動発電
中嶋 宇史(東京理科大学 理学部・准教授)
15:15-15:55
導電性高分子の熱電特性を向上させるための評価手法と最適化技術
衛 慶碩(産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門・主任研究員)
15:55-16:35
「小さな振動」を「使える電力」に!
三屋 裕幸(鷺宮製作所 R&Dセンター第一開発部・課長)
16:35-16:40
閉会挨拶
小柳津 聡(旭化成 研究・開発本部 技術政策室 イノベーション戦略部・マネージャー)

▲ TOPへ戻る


次世代放射光 ~化学における利活用~ 主催:日本化学会東北支部 企画担当:村松 淳司(東北大学) 担当委員:○西澤 精一(東北大学)

物質の状態をナノレベルで分析し、材料科学や薬学、医学など広い分野での応用が期待される次世代の放射光施設が、東北大学のキャンパス内に設置されます。3月28日着工され、2023年秋に共用開始予定です。SPring-8は「硬X線」領域が主体ですが、次世代放射光施設は「軟X線」領域で従来の最も明るい施設の100倍以上の輝度と高いコヒーレンス性が特徴です。新薬の発見、新たな触媒や高分子材料など機能性材料の開発など期待されています。

開催日時
10月17日(木) 09時30分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 2F 福寿(K会場)
プログラム
 
09:30-09:35
開会挨拶
村松 淳司(東北大学・副理事)
09:35-10:05
次世代放射光計画のあらまし
高田 昌樹(東北大学・総長特別補佐)
10:05-10:30
次世代放射光計画への東北大学の役割
村松 淳司(東北大学・副理事)
10:30-11:00
タイコグラフィとデータ科学の融合による機能の可視化
高橋 幸生(東北大学 多元物質科学研究所所・教授)
11:00-11:30
材料の機能を制御する水の先端放射光分析
原田 慈久(東京大学 物性研究所・教授)
11:30-12:00
希土類の放射光による分子構造解釈と光機能設計
長谷川 美貴(青山学院大学 理工学部・教授)

▲ TOPへ戻る


化学のプレゼンに役立つKNOW-HOW(チュートリアル) 担当委員:〇廣原 志保(宇部工業高等専門学校)、石田 玉青(首都大学東京)、
佐藤 浩太郎(東京工業大学)、長崎 幸夫(筑波大学)、矢島 知子(お茶の水女子大学)、
藤原 隆司(埼玉大学)、織田 ゆか里(九州大学)

報告書やプレゼンテーションで周りに差をつけられていませんか?自分の研究や仕事の成果が論文審査員や上司に評価してもらえずに悩んでいませんか?成果を正しく評価してもらうためには,高度な内容でもわかりやすく,より注目されるように世界に向けて発信することが重要です。そこで本セッションでは,プレゼンテーションを魅力的にする様々な方法を紹介する講演を通して,科学者・技術者のアピール力向上に大いに役立つコツを伝授します。

開催日時
10月17日(木) 13時00分-16時35分
開催会場
タワーホール船堀 2F 福寿(K会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
廣原 志保(宇部工業高等専門学校  物質工学科・教授)
13:05-13:55
伝わるデザイン学:受け手やその多様性に配慮した資料作成術
高橋 佑磨(千葉大学 大学院理学研究院・助教)
13:55-14:45
シミュレーションとビジュアリゼーション
森田 裕史(産業技術総合研究所 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター・研究チーム長)
14:50-15:40
データをデザインする
木村 博之(株式会社チューブグラフィックス・代表取締役)
15:40-16:30
納得を生むプレゼンテーション
三輪 佳宏(筑波大学 医学医療系・講師)
16:30-16:35
閉会挨拶
矢島 知子(お茶の水女子大学 理学部・准教授)

▲ TOPへ戻る


産学官R&D紹介企画

産学官R&D 紹介企画では,「R&D 展示」,「R&D 講演」および「ランチョンセミナー」への参加を募集します。企画の趣旨は以下のとおりです。
(1) 企業や国研が学生に向けて「事業や研究開発の概要」,「研究成果・技術・製品」,「キャリアパス」等々の情報を紹介し,学生が進路を考える契機となる場を提供する。
(2) 企業(試薬,機器,受託等),国研,大学が来場者に「技術や製品のPR」,「研究成果の発表」,「共同研究の提案」等々を行い,様々な連携や交流深耕の契機となる場を提供する。
本企画は回を重ねるごとに来場者も増え,年々注目度が増しています。今回は「ランチョンセミナー」の回数を増やし,来場者にPR できるチャンスが増えました。多くの学生と産学官の研究者が全国から集るこの機を逃さず,是非これらの企画にご参加下さい。なお,①における企業と学生の交流に際しては,日本経済団体連合会の「採用選考に関する企業の倫理憲章」を遵守します。また,②で企業が実施する展示や講演においては,営業活動にならないようご留意いただきます。

産学官R&D紹介企画 -R&D展示ブース- 担当委員:○山田鈴弥(デンカ),奥野 崇(宇部興産),松原哲明(日本ゼオン)

開催日時
10月15日(火) 10時00分~17時30分
10月16日(水) 10時00分~17時30分
10月17日(木) 10時00分~17時30分
会場
タワーホール船堀 1階 展示ホール
開催趣旨
趣旨(1)あるいは(2)のような内容で,参加機関の研究開発アクティビティを紹介します。ポスターだけでなく,製品サンプルやモデルの展示,動作デモンストレーションやムービーモニタなども活用して具体的にアピールします。学生ポスターセッションと同じ会場で開催し,学生をはじめ多くの産学官の参加者が展示ブースに詰めかけて,例年大盛況の中で様々な質疑応答が繰り広げられます。今回も活気溢れる会場に是非ご参集下さい。
出展企業一覧
 
出展社/機関名 10/15 10/16 10/17 出展内容
旭化成株式会社 私たち旭化成グループは、世界の人びとの“いのち”と“くらし”に貢献します。「健康で快適な生活」と「環境との共生」の実現を通して、社会に新たな価値を提供していきます。
味の素株式会社 味の素グループは、「Eat Well, Live Well」の理念に基づく食品事業とアミノサイエンス事業を展開し、食生活、ヘルスケア、ライフサポートへ貢献しています。今回は、当社のアミノサイエンス事業におけるR&Dテーマの例を取り上げ、味の素グループの持つファインケミカルな側面をご紹介します。
株式会社ADEKA ADEKAでは、”先端技術で明日の価値を創造し、豊かなくらしに貢献するグローバル企業”の実現を目指しております。今回の展示では、ADEKAの幅広い研究開発活動の中から先端研究や環境負荷低減に繋がる製品の一部をご紹介します。
出光興産株式会社 当社の研究開発では、経営戦略や事業戦略に沿ったテーマに資源を集中するとともに、気候変動対応や経営環境の変化など次の100年を見据えた研究開発を進めています。企業紹介ブースでは、高機能材分野及びエネルギー、気候変動対応分野の研究開発の一端をご紹介しますので是非お立ち寄りください。
宇部興産株式会社 宇部興産は化学事業を中核に独創的な技術で時代の求めるモノづくりに携わってきました。ブース展示では多岐にわたるサイエンスをベースとしたR&D活動から生まれた特色ある製品や技術をご紹介します。
AGC株式会社 AGC(株)は、昨年7月に旭硝子(株)から社名を変更いたしました。従来からのコアテクノロジーである”ガラスと化学”を生かしつつより広い分野に向けて製品を展開して参ります。ブース展示では様々な体験型のサンプルを準備しております。是非ご体験下さい。
大阪大学 高等共創研究院/大学院理学研究科 環状分子シクロデキストリンのホストゲスト相互作用を用いて、非常に強靭であり、かつ、損傷に対して自己修復性を示す高分子材料(超分子材料)を開発しました。この分子設計は、多くの高分子材料に適用可能という特徴を有しています。
大阪有機化学工業株式会社 『ユウキの力で未来へつなげる』アクリル酸エステルを柱として、私達の製品は暮らしの身近な場所の裏側で多彩な活躍をしています。ぜひ、一度ブースにてお話を聞きにきてください。
花王株式会社 花王は、心をこめた“よきモノづくり”を通じて、世界の人々の豊かな生活文化の実現と社会のサステナビリティへの貢献を目指しています。展示では、化学に関連した研究事例の紹介を行います。是非お立ち寄り下さい。
株式会社カネカ カネカは、専門化学会社として特定市場を選択し高いスペシャリティを備えた製品群を創出することを目標としています。高分子と発酵を基幹技術として、多様な要素技術とのシナジーにより様々な製品群を生み出しています。
神戸天然物化学株式会社 当社は医薬から電子材料・バイオ関連まで幅広い領域で、ユーザー様の開発・生産支援を行う有機化合物のスペシャリスト企業です。当日のブースでは、当社のR&Dに関する内容をご紹介します。
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 技術を社会へ。産業技術総合研究所(産総研)は我が国最大級の公的研究機関として、全国11の研究拠点にて研究職員約2300名、事務職員約700名、契約職員約2600人が働いています。産総研の研究概要と若手人材活躍のための各種制度をご紹介します。
JSR株式会社 JSRの概要と研究開発のトピックスを紹介します
JNC株式会社 「優れた技術で社会の進歩に貢献する先端化学企業へ」地球温暖化、高度情報化など環境や社会が変化するなか、当社は先端化学技術を通して、食糧、エネルギー・環境およびICT分野で社会に貢献してまいります。
JXTGエネルギー株式会社 JXTGエネルギー(株)は、エネルギー・資源・素材における創造と革新を通じて、社会の発展と活力ある未来づくりに貢献します。展示ブースでは、当社の研究開発の取り組みについてご紹介します。
昭和電工株式会社 昭和電工グループは、有機・無機・金属と幅広い素材製品開発を行ってきています。「個性派化学」をこれまで以上に融合・活用し、昭和電工グループとしての強みを発揮すべく取り組んでいる技術開発の一端を紹介します。
信越化学工業株式会社 信越グループは、「素材と技術による価値創造を通じて、暮らしや社会と産業に貢献すること」を企業規範として、世界を舞台に事業を展開しています。今回は、R&D分野の中から、産学官連携で九州大学との共同開発を行った高溶解性遷移金属塩触媒を用いたアルケンのヒドロシリル化反応についてご説明しますので、是非お立ち寄り下さい。
住友化学株式会社 住友化学が研究開発においての基本戦略としている「創造的ハイブリッド・ケミストリー」を中心に弊社研究開発の基本的な考え方を示す展示を予定しております。
住友ベークライト株式会社 日本で初めてプラスチックを製造した歴史あるメーカーであり、常にパイオニアでありつづける住友ベークライト。伝統に培われた高度な技術力で数々の技術革新を成し遂げ、プラスチックの活躍のフィールドを拡げてきました。近年は、情報通信関連や医療バイオ関連など最先端分野にも積極的に取り組み、半導体・電子部品関連材料、自動車の金属代替プラスチック、医療機器など広範な分野に、SDGsに即した開発、ものづくりによる製品を提供しています。
積水化学工業株式会社 積水化学グループは、際立つ技術と品質により、「住・社会のインフラ創造」と 「ケミカルソリューション」のフロンティアを開拓し続け、世界のひとびとのくらしと地球環境の向上に貢献することを目指しています。本展示では、積水化学グループの研究開発活動の一端を事例を交えてご紹介します。
大鵬薬品工業株式会社 大鵬薬品は、経口抗がん剤のパイオニアとして、新薬を待つ人びとのために未知なる可能性に挑戦しています。ブースでは、抗がん剤の研究開発をケミストリーの側面からご紹介しますので、ぜひお立ち寄り下さい。
太陽ホールディングス株式会社 ◇◆世界No.1メーカー◆◇あらゆる電子機器に使用されているソルダーレジストという電子材料でトップシェアのメーカーです。ブースではこれからの成長を担う研究開発体制や新規事業についてご紹介いたします。
DIC株式会社 DICグループは、ブランドスローガン「Color & Comfort」のもと、サステナブルな社会への貢献を目指し、光学・色彩、有機分子設計、高分子設計、分散等の基盤技術と、合成、配合、表面処理などの各種要素技術を駆使した高付加価値製品の開発に取り組んでいます。ブースでは「当社のコア技術と市場展開」「開発事例」などをご紹介します。
帝人株式会社 テイジンは、ブランドステートメント”Human Chemistry、 Human Solutions”のもと、「マテリアル」「ヘルスケア」「IT」という3つの異なる領域においてグローバルに事業を展開しています。ブースでは、研究テーマ(ポスター)や主要な製品(素材とそれを使用した最終製品の実物および模型、ポスター)をご紹介します。是非お越し下さい。
デンカ株式会社 Denka(デンカ株式会社)は、無機・有機化学品から電子材料、医薬にいたる幅広い分野でグローバルに展開する総合化学メーカーです。当社の概要や製品群、研究開発体制についてご紹介します。
東ソー株式会社 東ソーは「化学の革新を通して、幸せを実現し、社会に貢献する」という企業理念の元、GSCに関連した企業活動を推進しております。企業紹介ブースでは、当社研究開発部門について紹介いたします。是非お立ち寄り下さい。
株式会社トリケミカル研究所 トリケミカル研究所は半導体向け高付加価値化学薬品(ウルトラファインケミカル)を開発・製造・販売している企業です。今回CSJフェスタ初出展ということもあり、当社の概要や研究開発体制、及び開発成果の一例をご紹介し、一人でも多くの学生の皆様に当社を認知していただけたらと思います。
ニチアス株式会社 ニチアスは、断熱分野のパイオニアとして創業120年以上の歴史をもつ会社です。省エネやCO2の排出量削減を支える「断熱」技術や、環境汚染防止に役立つ「シール」技術をはじめ、産業界に欠かせない製品を提供しています。ブース展示では事業概要や「断つ・保つ」の製品郡をご紹介します。
日揮ユニバーサル株式会社 日揮ユニバーサル株式会社は、米国UOP社と日揮株式会社との合弁会社として50年以上の歴史を誇ります。ここでは、触媒の委託製造・工業化の活動、ならびに環境浄化用触媒に関わる事業をご紹介します。
日産化学株式会社 化学の可能性をもっと広げる会社へ。日産化学は「独自の革新的な技術で社会の要請に応える未来創造企業」を目指し、機能性材料分野とライフサイエンス分野で新しい価値の創造に取り組んでいます。
日本軽金属株式会社 日本軽金属グループは、創業以来アルミニウムの原料から加工製品 に至るまで、幅広い製品を扱ってきたアルミニウム総合メーカーで す。私達は「チーム日軽金として異次元の素材メーカーへ」という スローガンの元、「様々な特長を持つ」アルミに関する豊富な知見 を活かして、全社一丸となってお客様に新しいソリューションを提供しています。当日は、アルミニウムの原料となる化学品分野や、 アルミ材料分野の製品をご紹介いたします。
株式会社日本触媒 日本触媒は「Techno Amenity - 私たちはテクノロジーをもって人と社会に豊かさと快適さを提供します」という企業理念のもと、技術で社会に貢献します。既存事業の一層の強化を図りつつ、ライフサイエンス、エネルギー・資源、情報ネットワーク等の新規事業分野にも挑戦しています。当日は当社の強みやR&D活動についてご紹介します。
日本ゼオン株式会社 日本ゼオンの挑戦心を支えているのは、研究開発や新規分野への投資を惜しまず、社員の自由な発想を大切にする、一貫した経営姿勢にあります。
パナソニック株式会社 パナソニックは、世界中のお客様一人ひとりにとっての「よい良いくらし、より良い世界の実現」を目指しています。展示では、幅広い事業分野を持つ当社ならではの、化学系出身の技術者による研究・開発事例や、多種多様なチャレンジの場・活躍のフィールドをご紹介します。
浜松ホトニクス株式会社 ATR専用のテラヘルツ波分光分析装置を展示します。本装置は、当社独自に設計をしたテラヘルツ波発生、検出素子を一体化したプリズムを採用することで、環境中の水蒸気の影響を受けずに計測をすることができます。
株式会社ビザスク 業界調査やユーザーヒアリングなど、研究開発時の情報収集・仮説検証の際、求める知見を持つアドバイザーと1時間のインタビューが実施できる「ビジネス領域のナレッジシェアプラットフォーム」です。
富士フイルム株式会社 富士フイルムは、高機能材料、ヘルスケア、グラフィックシステム、光学デバイスなど幅広いフィールドで、世の中に新しい価値を生みだそうと挑戦し続けています。展示ブースでは、その製品や技術の一部をご紹介いたします。
北興化学工業株式会社 北興化学はグリニャール試薬の製造をコア技術とし、様々な化合物を製造・販売しています。有機リン化合物、機能性モノマーなど、幅広い分野で用いられる化合物を確かな技術で提供しています。
三菱ガス化学株式会社 三菱ガス化学は独自技術に立脚し、常に新しい技術と価値の創造に挑み続けています。今回の展示では、ガスバリア性に優れた樹脂である「MXナイロン」と光学特性に優れた特殊ポリカーボネート樹脂である「ユピゼータEP」について、ご紹介します。
三菱ケミカル株式会社 三菱ケミカル(株)の現在と目指している未来、そして未来を現実のものとするために行っている研究開発についてご紹介致します。
ユシロ化学工業株式会社 切断傷を再接触のみで自己修復するウィザードゲルを展示します。実物を展示しますので、是非、お立より下さい。
ライオン株式会社 ライオンの事業分野は、家庭用日用品、医薬品、工業用化学品など多岐にわたります。 研究開発は「健康・快適・環境」をキーワードとして進めており、これら各分野の研究概要、および技術の一例をご紹介します。

▲ TOPへ戻る


産学官R&D紹介企画 -R&Dセッション(講演)- 担当委員:○山田 鈴弥(デンカ株式会社)、奥野 崇(宇部興産株式会社)、松原 哲明(日本ゼオン株式会社)

参加機関の全体像やR&Dアクティビティ、技術トピックスや製品開発事例、PRしたい研究成果、人材育成やキャリアパス、連携事例や グローバル展開など、バラエティに富んだ様々な講演で参加機関の特徴を紹介します。講演者は、研究開発の最前線に立つ研究者・技術者から管理部署のマネージャまで、参加機関により様々です。失敗・挫折・苦労のエピソードや、「これがうちの面白いところ」、「この技術は世界でうちが一番」といったユニークな話や自慢話など、日頃聴くことの少ない、企業や研究機関での研究開発や生産活動などを知る絶好の機会です。奮ってご参加下さい。

開催日時
10月15日(火) 10時30分~11時30分
10月16日(水) 10時30分~11時30分
10月17日(木) 10時00分~11時30分
開催会場
タワーホール船堀 2階 桃源 (L会場)
プログラム

10月15日(火)

10:30-11:00
帝人における技術DAKE JA NAIキャリアをふり返って ~
西村 文(帝人株式会社 ヘルスケア新事業部門 機能性食品素材事業推進班)

“DAKE JA NAIテイジン!”でおなじみの帝人、会社の歴史をふり返っても、自身のキャリアをふり返ってもまさに“DAKE JA NAI”の連続でした。大学発ベンチャーから始まったDNAがチャレンジを歓迎する風土の源泉にあります。素材開発、人財開発、水処理、機能性食品素材・・と経験する中で考えてきたことや楽しみなどをご紹介します。

11:00-11:30
水まわり空間を創るTOTOの研究開発
古賀 遼(TOTO株式会社 総合研究所分析技術センター・研究員)

私たちTOTO株式会社は創業100年を超える水まわりの住宅設備メーカーであり、ウォシュレットやユニットバスなど、市場を先取りした「新しい生活文化」を創造してきました。本講演では、具体的な商品開発事例を通して、快適な水回り空間を創るために必要となる化学との関わりをご紹介します。


10月16日(水)

10:30-11:00
花王の研究開発物語 ~界面科学を突き詰めて生まれた“革新的界面活性剤”とは? ~
坂井 隆也(花王株式会社 マテリアルサイエンス研究所・主席研究員)
津村 加奈(花王株式会社 マテリアルサイエンス研究所・研究員)

アブラヤシをはじめとする多くの植物から得られる固体油脂は、食油と競合しない一方、これまで洗浄には不向きとされていました。花王は、この固体油脂を原料として、洗浄用途に適した界面活性剤「Bio IOS」の開発に成功しました。「Bio IOS」は、これまで両立不可能と考えられていた高い活性と高い水溶性を両立しており、世界初の「サステナブル界面活性剤」として衣料用洗剤に投入されました。この界面活性剤の開発経緯を紹介します。

11:00-11:30
昭和電工グループの研究開発例:計算科学とプリンテッドエレクトロニクス
福世 知行(昭和電工株式会社 研究開発部・スタッフマネージャー)
南 拓也(昭和電工株式会社 融合製品開発研究所・リサーチャー)
米田 周平(昭和電工株式会社 融合製品開発研究所・リサーチャー)

昭和電工グループは、有機・無機・金属と幅広い素材製品開発を行ってきています。「個性派化学」をこれまで以上に融合・活用し、昭和電工グループとしての強みを発揮すべく技術開発をしています。その一端として、国プロも活用して取り組む計算科学、融合テーマの一例である銀ナノワイヤ透明導電フィルム開発を紹介します。


10月17(木)

10:00-10:30
超超プロジェクトの挑戦 1.プラズモン共鳴による光とナノ粒子の相互作用:理論計算による光学応答予測
松井 正冬(産業技術総合研究所 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター・研究員)

金のナノ粒子は金色ではなく赤色を呈し、ガラスの着色に利用されています。これはナノサイズでのプラズモン共鳴により、光との相互作用が変化するからです。このようなナノ粒子材料の理論計算による色彩予測について、応用例とともに紹介します。

10:30-11:00
超超プロジェクトの挑戦 2.企業で使える材料開発基盤技術を目指した実験と計算機シミュレーションの連携研究:樹脂/無機フィラー複合材料を例に
齋藤 健(先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)・研究員)

表題の研究について「企業で使える」という視点を含めながら紹介します。例えば、材料開発のヒントを得るために材料作製時の現象を実験とシミュレーションの双方から可視化した事例、この研究を支えるソフトウェアの開発事例などを紹介します。

11:00-11:30
超超プロジェクトの挑戦 3. ナノ粒子分散型発泡材料の内部構造を精密計測するマイクロX線CT観測
新納 弘之(産業技術総合研究所 機能化学研究部門・副研究部門長)

CT測定によって部材の内部構造を三次元可視化することで、微細発泡構造やその分布状態の非破壊観察が可能です。マルチマテリアル材料内部の材質分布や配向特性をCT画像解析に基づき評価した結果を紹介します。


▲ TOPへ戻る


産学官R&D紹介企画 -ランチョンセミナー- 担当委員:○山田 鈴弥(デンカ株式会社)、奥野 崇(宇部興産株式会社)、松原 哲明(日本ゼオン株式会社)

「ランチョンセミナー」は、昼食付の講演です。参加機関の全体像やR&D アクティビティ,PR したい研究成果や製品開発事例,人材育成やキャリアパス,連携事例やグローバル展開など,参加機関が工夫を凝らした種々のプログラム内容で,かつ,アットホームな雰囲気で質疑応答が行われます。奮ってご参加下さい。

実施機関
10月15日(火) デンカ株式会社
10月16日(水) 日本分析機器工業会

開催会場
タワーホール船堀 3階 303会議室 (F会場)
参加方法
聴講には入場整理券が必要です。開催当日の09時10分より2階受付付近にて配布いたします。
※11時40分-12時00分 入場、弁当配布
※12時00分-13時00分 講演開始

▲ TOPへ戻る


産学官R&D紹介企画
-デンカランチョンセミナー-
担当委員:○山田 鈴弥(デンカ株式会社)、奥野 崇(宇部興産株式会社)、松原 哲明(日本ゼオン株式会社)

デンカ(株)は、セラミックス、合成樹脂、合成ゴムなどの素材から、電子材料、食品包装材料、医薬品など、社会の基盤を支える様々な製品を生産する化学会社です。当社の概要、及び、研究開発とオープンイノベーションについてご紹介するとともに、先進技術研究所にて研究開発を進める研究員の活動内容についてお話しします。

開催日時
10月15日(火)12時00分-13時00分
開催会場
タワーホール船堀 3階 303会議室 (F会場)
プログラム

12:00-12:20
デンカの研究開発とオープンイノベーション
川崎 卓(デンカ株式会社 先進技術研究所・副所長)
12:20-12:45
デンカイノベーションセンターにおける研究活動
青山 周平(デンカ株式会社 先進技術研究所 新規材料研究部・研究員)

▲ TOPへ戻る


産学官R&D紹介企画
-日本分析機器工業会ランチョンセミナー-
担当委員:○山田 鈴弥(デンカ株式会社)、奥野 崇(宇部興産株式会社)、松原 哲明(日本ゼオン株式会社)

日本企業が実施してきた開発事例を中心に、1920年代から現在まで約100年にわたる分析機器開発の歴史について解説します。特に日本分析機器工業会、日本科学機器協会認定の「分析機器・科学機器遺産」について紹介します。また当工業会が中高生・大学・社会人向けに実施している分析技術に関する教育事業についても紹介します。

開催日時
10月16日(水)12時00分-13時00分
開催会場
タワーホール船堀 3階 303会議室 (F会場)
プログラム

12:00-12:30
日本における分析機器開発の歴史
川村幸嗣(日本分析機器工業会・技術委員)
12:30-13:00
(一社)日本分析機器工業会における分析技術を基軸としたキャリア教育(4)
新村 典康(日本分析機器工業会・技術委員)

▲ TOPへ戻る


学生ポスター発表

学生と産学官の先端研究者が議論し交流することを目的として,学生ポスターセッションを実施します。審査を希望する発表については,「発表者の研究への寄与」,「質疑応答」,「研究の独自性と発展可能性」などを基準に産業界とアカデミアの審査員が審査し,優秀な発表に対して「優秀ポスター発表賞」が授与されます。中でも最も優れた発表に贈られる「最優秀ポスター発表賞(CSJ 化学フェスタ賞)」には副賞を贈呈するとともに,「化学と工業」誌(2020 年1 月号)へ受賞者コメントを掲載します。 (参考:前年度の受賞者コメント)また,会場では同時に産学官R&D 紹介企画の「R&D展示ブース」が開催され,学生と企業研究者の交流がより一層促進される場を提供します。

学生ポスター発表 担当委員:○藤原 隆司(埼玉大学)、新垣 篤史(東京農工大学)、大内 誠(京都大学)、
桑田 繁樹(東京工業大学)、橋詰 峰雄(東京理科大学)、山口和也(東京大学)

開催日時
10月15日(火) 10時~12時(P1)、13時~15時(P2)、15時30分~17時30分(P3)
10月16日(水) 10時~12時(P4)、13時~15時(P5)、15時30分~17時30分(P6)
10月17日(木) 10時~12時(P7)、13時~15時(P8)、15時30分~17時30分(P9)
開催会場
タワーホール船堀 1階 展示ホール
プログラム
別掲ページをご覧下さい。 
時間割
                                                                                                               
分野 10/15 10/16 10/17
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9
1. 物理化学
2. 無機化学・分析化学
3. 有機化学
4. 錯体・有機金属化学
5. 天然物化学・生体機能関連化学・バイオテクノロジー
6. 高分子化学
7. 触媒化学
8. 材料化学

▲ TOPへ戻る


公開企画

2019ノーベル賞解説講演 担当委員:○加藤隆史(東京大学)

本年度のノーベル賞の内容を、分かり易く解説する講演会を実施いたします。

開催日時
10月15日(火) 10時40分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 5F 大ホール(A会場)
プログラム
 

掲載準備中

▲ TOPへ戻る


公開講座

10月15日(火)

化学者を目指す 大学生・高校生のための公開講座
~研究の魅力と楽しさを感じて、未来を思い描いてみよう!~
協賛:公益社団法人 高等学校文化連盟 全国自然科学専門部
担当委員:〇竹岡 裕子(上智大学)、矢作 和行(花王株式会社)、杉山 由紀(株式会社資生堂)、
植村 卓史(東京大学)、廣原 志保(宇部工業高等専門学校)

本講座は、大学生・高校生が将来化学者となって社会に貢献することを応援する企画です。「講演会」では、大学・企業・専門機関でご活躍の方から、化学を志したきっかけ、研究の面白さを経験談を交えてお話し頂きます。高校生を対象とする「ポスター発表会」では、日本化学会主催の実際の学会会場で、研究発表して頂き、直接、大学教授や企業研究者と意見交換して、化学を通じた社会との繋がりを実感して頂きます。

開催日時
10月15日(火) 13時00分-17時00分
開催会場
タワーホール船堀 5F 大ホール(A会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
竹岡 裕子(上智大学 理工学部・教授)
13:05-13:40
化学者になってクリエイティブな人生を送ろう
加藤 隆史(東京大学 大学院工学系研究科・教授)
13:40-14:15
生活を豊かに彩るサイエンス ~企業研究者として化粧品研究を楽しむ~
中村 綾野(資生堂グローバルイノベーションセンター)
14:25-15:00
フラスコを使うだけが化学じゃない?体内で有機化学を行なって病気を治したい!
田中 克典(理化学研究所 田中生体機能合成化学研究室・主任研究員)
15:00-15:35
硬くて柔らかい高分子をデザインする?曲がるスマホはいかがですか?
宍戸 厚(東京工業大学 科学技術創成研究院・教授)
15:35-15:40
閉会挨拶
矢作 和行(花王株式会社 研究開発部門 研究戦略企画部・シニア研究員)
16:00-17:00
ポスター発表 高校生研究のポスター報告

▲ TOPへ戻る


10月17日(木)

健康長寿のヒケツはこれだ!? ~からだに良い食べものを化学する~ 担当委員:〇矢作 和行(花王株式会社)、辻 一誠(日揮ユニバーサル株式会社)、
杉山 由紀(株式会社資生堂)、椛島 真一郎(ライオン株式会社)、福永 晃(日揮ユニバーサル株式会社)

健康を気遣う皆さんへ話題提供です。お茶、コーヒー、青魚、オリーブオイル、海藻、ワインなど伝統的で身近な食品の機能やその役割を、化学の視点でとらえ健康作りに役立てていただきます。化学とバイオの技術進歩により、伝統的な食品についても新たに健康機能を有する成分が明らかになってきています。本セッションでは、健康長寿につながる食品について、ホットな話題を、様々な切り口でエキスパートの先生方からわかりやすくお話ししていただきます。健康に興味を持つ一般の方から化学者まで、多くの方のご参加をお待ちしています。

開催日時
10月17日(木) 13時00分-16時55分
開催会場
タワーホール船堀 2F 瑞雲(I会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
矢作 和行(花王株式会社 研究開発部門・シニア研究員)
13:05-13:50
健康長寿の食生活~いろいろ食べて、やせと栄養不足を防ごう!~
成田 美紀(東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム・研究員/管理栄養士)
13:50-14:20
お茶とコーヒー、どちらが体に良いのか?
大崎 紀子(花王株式会社 ヘルスケア食品研究所・室長)
14:20-14:50
魚食が健康を救う~オメガ3系脂肪酸が認知症を予防?~
守口 徹(麻布大学 生命・環境科学部・教授)
15:00-15:30
オリーブオイルが体に良い秘密~エキストラバージンオイルが凄い~
狩野 百合子(神戸女子大学 家政学部・教授)
15:30-16:00
海の恵み~海藻に備わる健康に役立つヒント!~
前多 隼人(弘前大学 農学生命科学部・准教授)
16:00-16:50
ワインに秘められた健康機能の魅力
佐藤 充克(山梨大学 ワイン科学研究センター・客員教授)
16:50-16:55
閉会挨拶
辻 一誠(日揮ユニバーサル株式会社 環境触媒研究グループ・主任研究員)

▲ TOPへ戻る


コラボレーション企画 担当委員:○村田 英明(株式会社島津製作所)、高島 義徳(大阪大学)、田嶌 一樹(産業技術総合研究所)、前川 康成(量子科学技術研究開発機構)、山内 正一(東ソー株式会社)

各機関からの情報発信により産学官の交流深耕,連携促進の一助とすることを目的として,コラボレーション企画を実施します。どの企画も参加者にとって興味深く有益な情報が得られる場ですので,積極的にご参加下さい。

10月15日(火)

NEDO特別企画:FCV課題共有フォーラム ~2030/2040年に向けたチャレンジとアプローチ~ 主催:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 企画担当:〇原 大周、山下 尚人(新エネルギー・産業技術総合開発機構) 担当委員:○山内 正一(東ソー株式会社)、村田 英明(株式会社島津製作所)

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、FCV用燃料電池に関する技術課題の共有及び討議を目的として、本年1月22日に、「FCV課題共有フォーラム」を開催し、トヨタ自動車、本田技術研究所、燃料電池実用化推進協議会(FCCJ)らからの講演を踏まえ、今後の研究開発の方向性を議論しました。今回はその内容をさらに掘り下げ、今後のFCVの大量普及に資する産学官連携研究開発の具体的アプローチを明らかにします。

開催日時
10月15日(火) 13時00分-16時30分
開催会場
タワーホール船堀 5F 小ホール(B会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
原 大周(新エネルギー・産業技術総合開発機構 次世代電池・水素部・主任研究員)
13:05-13:25
2030年以降に向けたFCV研究開発におけるチャレンジ
原 大周(新エネルギー・産業技術総合開発機構 次世代電池・水素部・主任研究員)
13:25-13:45
将来の燃料電池開発に向けて~2030/2040年へのチャレンジ~
山田 耕太(燃料電池実用化推進協議会 PEFC技術SWG・副主査)
13:45-14:45
2030年/2040年の目標達成に向けて
朝岡 賢彦(株式会社豊田中央研究所 燃料電池第1研究室・室長)
15:00-16:20
パネルディスカッション『2030/2040年に向けたFCV関連研究開発における具体的アプローチ』
ファシリテーター:原 大周(新エネルギー・産業技術総合開発機構 次世代電池・水素部・主任研究員)
パネリスト:山田 耕太(燃料電池実用化推進協議会 PEFC技術SWG・副主査)
      朝岡 賢彦(株式会社豊田中央研究所 燃料電池第1研究室・室長)
      佐野 誠治(トヨタ自動車株式会社 パワートレーンカンパニー FC事業領域FC基盤開発部・グループ長)
      木村 顕一郎(株式会社本田技術研究所 オートモービルセンター第5技術開発室・上席研究員)
16:20-16:30
閉会挨拶
原 大周(新エネルギー・産業技術総合開発機構 次世代電池・水素部・主任研究員)

▲ TOPへ戻る


Royal Society of Chemistry (RSC)特別企画:学術コミュニケーション入門 ~出版のプロから見た論文執筆・研究発表・キャリア選択~ 主催:Royal Society of Chemistry (RSC) 企画担当:浦上 裕光(Royal Society of Chemistry) 担当委員:○村田 英明(株式会社島津製作所)

本企画では、出版のプロが英語での原稿作成や論文執筆に関するノウハウや論文掲載の合否を決める査読プロセスの要点を提供します。また、研究発表のセッションでは「伝わる」プレゼンテーションのコツの紹介、キャリア選択のセッションでは、様々な出版関係の仕事に就かれている各パネリストの業務紹介に続き、パネルディスカッションを行います。出版業界に興味のある学生皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時
10月15日(火) 13時00分-17時30分
開催会場
タワーホール船堀 4F 401会議室(E会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
浦上 裕光(Royal Society of Chemistry・RSC Japan Manager)
13:05-13:50
原稿準備の基本とノウハウ、エディターからの助言
Sam Keltie(Royal Society of Chemistry・Executive Editor)
13:50-14:50
サイエンス/テクニカルライティングの文章構造
David Kipler(Science Communications Trainer for Editage / Cactus Communications)
15:00-15:40
査読プロセス:投稿から出版まで
寺西 利治(京都大学 化学研究所・教授)
15:40-16:40
オーラルプレゼンテーション ワークショップ
David Kipler(Science Communications Trainer for Editage / Cactus Communications)
16:45-17:30
パネルディスカッション『編集・出版というキャリア』
ファシリテーター:浦上 裕光(Royal Society of Chemistry Royal Society of Chemistry・RSC Japan Manager)
パネリスト:坂田 亮太郎(株式会社日経BP 『日経バイオテク』・編集長)
      西村 美里(Cactus Communications・サイエンスライター)
      遠藤 昌克(シュプリンガー・ネイチャー・日本法人営業統括ディレクター)
      川場 直美(株式会社化学同人 編集部・エディター)
      中谷 敏幸(日本化学会 学術情報部・部長代理)
17:35-17:40
閉会挨拶
浦上 裕光(Royal Society of Chemistry・RSC Japan Manager)

▲ TOPへ戻る


産総研特別企画:化学の技術で未来へつなぐ ~持続可能な社会を目指す物質循環技術~ 主催:国立研究開発法人産業技術総合研究所 担当委員:○田嶌 一樹(産業技術総合研究所)

20世紀の産業では大量生産・大量消費による環境問題が発生しました。現代の産業には、環境問題となる原因物質の低排出化、回収、再資源化による物質循環を前提とした消費・再生の循環を基盤とする技術が求められます。産業の発展と環境保全を両立させた社会を構築し、現代から未来に渡って人類の繁栄を持続させていくことが必要です。本企画では、物質循環のうち、特にC, N, Pの循環に貢献する産総研の化学技術を紹介します。

開催日時
10月15日(火) 13時00分-16時50分
開催会場
タワーホール船堀 2F 福寿(K会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
村山 宣光(産業技術総合研究所・理事/材料・化学領域・領域長)
13:05-13:45
【基調講演】 Process for Lowering Anthropogenic CO2 Emission (PLACE)
CO2排出の大幅削減に繋がる革新技術への期待
瀬戸山 亨(三菱ケミカル株式会社・執行役員/エグゼクティブフェロー)
13:45-14:00
産総研が考える物質循環社会とは
堀田 裕司(産業技術総合研究所 材料・化学領域・研究企画室長)
14:00-14:25
二酸化炭素を化学品に変換する触媒技術
藤谷 忠博(産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター・総括研究主幹)
14:25-14:50
CO2吸着材および分離回収システムの開発動向
遠藤 明(産業技術総合研究所 化学プロセス研究部門・副研究部門長)
15:05-15:30
二酸化炭素を原料とする微生物による化学品生産技術
村上 克治(産業技術総合研究所 機能化学研究部門・主任研究員)
15:30-15:55
大気中アンモニアの吸着除去と再利用
川本 徹(産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門・研究グループ長)
15:55-16:20
下水・産業廃液からのアンモニウムイオンの吸着除去・回収
田中 寿(産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門・主任研究員)
16:20-16:45
リン類の実用的グリーン製造技術の開発:資源の循環に貢献し、新産業を創出
韓 立彪(産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター・上級主任研究員)
16:45-16:50
閉会挨拶
濱川 聡(産業技術総合研究所 材料・化学領域・研究戦略部長)

▲ TOPへ戻る


文科省科研費新学術領域研究「分子夾雑の生命化学」特別企画:細胞の中身を化学する! 主催:文科省科研費新学術領域研究「分子夾雑の生命化学」 企画担当:三好 大輔(甲南大学) 担当委員:○髙島 義徳(大阪大学)、山内 正一(東ソー株式会社)

細胞の中身は何ですか?細胞には、多種多様な生体分子が驚くほど高濃度(200 g/L~400 g/L)に存在します。この生体分子は、細胞体積の約40 %を占めています。我々はこのような細胞の中の分子環境を「分子夾雑」と呼んでいます。生命が誕生してから40億年、生体分子は分子夾雑環境でその機能を最適化してきました。生体分子の物性を解明し、細胞や生命体の本質を理解し、さらに合理的に制御するには、分子夾雑の化学が必要不可欠です。本テーマ企画では、分子から植物まで、分子夾雑を化学する取り組みを紹介し、分子夾雑の重要性を議論します。

開催日時
10月15日(火) 13時00分-17時10分
開催会場
タワーホール船堀 2F 桃源(L会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
浜地 格(京都大学 大学院工学研究科・教授)
13:05-13:55
細胞夾雑系でのタンパク質有機化学に挑む
浜地 格(京都大学 大学院工学研究科・教授)
13:55-14:25
分子夾雑で遺伝子発現を制御する
建石 寿枝(甲南大学 先端生命工学研究所・講師)
14:25-14:55
分子夾雑でタンパク質を制御する
宗 正智(大阪大学 蛋白質研究所・助教)
15:05-15:35
分子夾雑は細胞内システムを制御する
藤原 慶(慶應義塾大学 理工学部・専任講師)
15:35-16:05
分子夾雑で細胞膜を制御する
二木 史朗(京都大学 化学研究所・教授)
16:05-16:35
分子夾雑で細胞を識別する
小野島 大介(名古屋大学 未来社会創造機構・特任准教授)
16:35-17:05
植物の分子夾雑を制御する
萩原 伸也(理化学研究所 環境資源科学研究センター・チームリーダー)
17:05-17:10
閉会挨拶
三好 大輔(甲南大学 フロンティアサイエンス学部・教授)

▲ TOPへ戻る


10月16日(水)

量研特別企画:データ科学・インフォマティクスは「高分子機能性材料研究」に利用できるか? 主催:国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 担当委員:○前川 康成(量子科学技術研究開発機構)

データベースや機械学習による解析を活用して、新規高機能性材料の創製やその効率的開発を実現するマテリアルズ・インフォマティクスが、有機・高分子系材料に利用可能か議論します。構造の不確からしさや製造プロセス依存性など、有機・高分子特有の課題を含め本分野を牽引する先生方にご講演いただきます。また、量子科学技術研究開発機構(量研)におけるグラフト重合法で作製した高分子機能性材料への取組みを紹介します。

開催日時
10月16日(水) 09時20分-12時00分
開催会場
タワーホール船堀 2F 瑞雲(I会場)
プログラム
 
09:20-09:25
開会挨拶
前川 康成(量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所・副所長)
09:25-09:45
量研(QST)におけるマテリアルズ・インフォマティクス研究
前川 康成(量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所・副所長)
09:45-10:10
機械学習で放射線グラフト重合は予測できるのか?
大道 正明(量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所・主任研究員)
10:10-10:35
高分子電解質膜のイオン伝導性を機械学習で予測する
澤田 真一(量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所・主幹研究員)
10:40-11:15
イオン伝導性高分子設計のための機械学習とその実践
小柳津 研一(早稲田大学 理工学術院・教授)
11:15-11:50
超分子センサアレイとケモメトリックスによる多成分同時分析
南 豪(東京大学 生産技術研究所・講師)
11:50-12:00
ディスカッション『高分子機能性材料研究におけるインフォマティクスの可能性』

▲ TOPへ戻る


文科省科研費新学術領域研究「ケモテクノロジーが拓くユビキチンニューフロンティア」特別企画:ユビキチンは令和の新創薬ターゲット! 主催:文科省科研費新学術領域研究「ケモテクノロジーが拓くユビキチンニューフロンティア」 企画担当:岡本 晃充(東京大学) 担当委員:○高島 義徳(大阪大学)、山内 正一(東ソー株式会社)

ユビキチンは、タンパク質をごみ箱へ捨てるための目印になる小さなタンパク質です。今では、ユビキチンがタンパク質の機能変換のための素子として考えられるようになり、将来的には「ユビキチン創薬」への応用展開が期待されています。新機軸のユビキチン解析ツールを開発するためにはどのような化学が今必要なのかについて、ユビキチン研究の現況と合わせて報告します。

開催日時
10月16日(水) 13時30分-16時45分
開催会場
タワーホール船堀 2F 桃源(L会場)
プログラム
 
13:30-13:35
開会挨拶
佐伯 泰(東京都医学総合研究所 蛋白質代謝研究室・室長)
13:35-14:10
ユビキチンによるタンパク質分解のしくみ:We will degrade you!
佐伯 泰(東京都医学総合研究所 蛋白質代謝研究室・室長)
14:10-14:45
”まっすぐ”なユビキチン鎖を狙った創薬アプローチ
及川 大輔(大阪市立大学 大学院医学研究科・講師)
14:45-15:20
新しい創薬パラダイム~狙ったタンパク質を特異的に分解する低分子薬の開発~
大岡 伸通(国立医薬品食品衛生研究所 遺伝子医薬部・室長)
15:30-16:05
ワルなタンパク質をぶっ壊す小柄な薬
石川 稔(東北大学 大学院生命科学研究科・教授)
16:05-16:40
タンパク質は化学合成で用意しませんか?
岡本 晃充(東京大学 先端科学技術研究センター・教授)
16:40-16:45
閉会挨拶
岡本 晃充(東京大学 先端科学技術研究センター・教授)

▲ TOPへ戻る


10月17日(木)

文科省科研費新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」特別企画:精密化学合成が拓く新しい分子化学 主催:文科省科研費新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略」 企画担当:田中 克典(理化学研究所) 担当委員:○髙島 義徳(大阪大学)、山内 正一(東ソー株式会社)

低分子医薬品や高分子バイオ医薬品に加え、天然物や環状ペプチド、複合糖質などそれらの中間の分子量を持つ「中分子(分子量:500~3,000)」が新規生物機能分子、医薬品候補として注目されています。この企画では、(1)優れた生物活性を持つ中分子のデザインについて議論するとともに、(2)反応集積化による中分子の効率合成、さらに(3)中分子戦略によって生み出された高次機能中分子について紹介します。

開催日時
10月17日(木) 13時00分-17時20分
開催会場
タワーホール船堀 2F 桃源(L会場)
プログラム
 
13:00-13:05
開会挨拶
深瀬 浩一(大阪大学 大学院理学研究科・教授)
13:05-13:55
中分子戦略と生物機能中分子の創製
深瀬 浩一(大阪大学 大学院理学研究科・教授)
13:55-14:20
生物活性をもつ中分子環状ペプチドの合成と三次元構造解析
土井 隆行(東北大学 大学院薬学研究科・教授)
14:30-15:10
有用な生物機能多環式中分子の効率的不斉全合成―反応集積化に基づく効率化への挑戦―
中田 雅久(早稲田大学 理工学術院・教授)
15:10-15:35
超微量生物機能性天然中分子の高効率合成
谷野 圭持(北海道大学 大学院理学研究院・教授)
15:35-16:00
生体内有機合成による生物機能分子の創製
田中 克典(理化学研究所・主任研究員)
16:10-16:50
反応集積化による新規三置換分子骨格の選択的合成
松原 誠二郎(京都大学 大学院工学研究科・教授)
16:50-17:15
環境調和反応の開発を集積化による効率的医薬品合成
大嶋 孝志(九州大学 大学院薬学研究院・教授)
17:15-17:20
閉会挨拶
松原 誠二郎(京都大学 大学院工学研究科・教授)

▲ TOPへ戻る



CopyRight(C) 2018 The Chemical Society of Japan All Rights Reserved