日本化学会第97春季年会(2017)

会期 2017年3月16日(木)〜19日(日)

会場 慶應義塾大学 日吉キャンパス

会場から探す



C4会場

第4校舎(B棟)J19


〔生体機能関連化学・バイオテクノロジー〕


3月16日午前

座長 林 剛介(09:00〜10:00)

※PC接続時間 8:50〜9:00(1C4-01,1C4-02,1C4-03,1C4-04,1C4-05)

1C4-01
インターカレーションによるDNA単分子の電気伝導特性の制御(東工大理)○原島 崇徳・西野 智昭

1C4-02
DNA構造を利用したチアゾール会合体の構築と発光特性制御(兵庫県大院工)○本多 由理佳・高田 忠雄・石野 竣也・中村 光伸・山名 一成

1C4-03
DNAを利用した同種色素間におけるエネルギー移動の検討(名大)○河合 隼人・丸山 諒子・樫田 啓・荒木 保幸・和田 健彦・浅沼 浩之

1C4-04
電気化学活性 DNAにおける電極上でのハイブリダイゼーション前後での電荷移動モードの変化(富山大薬)○青木 駿・千葉 順哉・井上 将彦

1C4-05*
Development of Distance and Orientation Controlled FRET System Using Emissive dG-dC Analogue Pair(Dep. Chem., Sch. Sci., Kyoto Univ.)YAMAMOTO, Seigi; ○HAN, Jihun; PARK, Soyoung; SUGIYAMA, Hiroshi


座長 浅沼 浩之(10:10〜11:10)

※PC接続時間 10:00〜10:10(1C4-08,1C4-09,1C4-10,1C4-12)

1C4-08
化学プローブを用いた配列特異的なメチル化DNAの検出(東大工)○竹内 芙美香・岡本 晃充

1C4-09
過酸化タングステン酸とDNA配列解析法を用いた5-ヒドロキシメチルシトシンの高解像度検出法の開発とゲノムへの応用(東大工)○神山 健太・岡本 晃充・林 剛介

1C4-10*
Recognition of 5-methylcytosine and 5-methyluridine in RNA by Osmium Oxidation(The Univ. of Tokyo)○DEBNATH, Turja Kanti; OKAMOTO, Akimitsu

1C4-12*
Development of new chemical modification method for analysis of unique G-quadruplex structures(Fac. Med., Univ. of Miyazaki)○ISHIZUKA, Takumi; BAO, Hong-liang; XU, Yan


座長 長門石 曉(11:20〜12:20)

※PC接続時間 11:10〜11:20(1C4-15,1C4-16,1C4-17,1C4-18,1C4-20)

1C4-15
L-DNAタグを利用した単一細胞内高感度核酸検出法(東大先端研セ・東大院工)○一宇 杏里・林 剛介・岡本 晃充

1C4-16
色素対導入型siRNAによるRISC局在化機構のイメージング解析(名大院工)○佐武 真有・神元 寛・伊藤 杏奈・神谷 由紀子・浅沼 浩之

1C4-17
生体直行型SERSプローブの開発と標的核酸検出への応用(京工繊院工芸)○太田 良・高木 紀志・永井 悠貴・杉原 悠太・小堀 哲生

1C4-18*
Visualization of human telomeres with pyrrole-imidazole polyamides targeting human telomeric repeats(Dep. Chem., Sch. Sci., Kyoto Univ.; Sch. Life Sci., SOKENDAI)○KAWAMOTO, Yusuke; CHANDRAN, Anandhakumar; BANDO, Toshikazu; MAESHIMA, Kazuhiro; SUGIYAMA, Hiroshi

1C4-20
ミトコンドリアDNAを標的とした配列選択的DNA結合能を有する機能性分子の開発(京大院理・京大iCeMS)○日高 拓也・NAMASIVAYAM GANESH PANDIAN・板東 俊和・杉山 弘


3月16日午後

座長 桑原 正靖(13:40〜14:40)

※PC接続時間 13:30〜13:40(1C4-29,1C4-31,1C4-33)

1C4-29*
Live-Cell Imaging of Bioorganic Molecules with a Small Molecule and a Short RNA(ICR, Kyoto Univ.)○YATSUZUKA, Kenji; SATO, Shinichi; KATSUDA, Yousuke; PE, Beverly Kathleen; UESUGI, Motonari

1C4-31*
Exploration the RNA G-quadruplex using a small molecule(WPI-iCeMS, Kyoto Univ.)○KATSUDA, Yousuke; SATO, Shinichi; YATSUZUKA, Kenji; UESUGI, Motonari

1C4-33*
ATP sensors selected from a fluorophore library(IAE, Kyoto Univ.)○NAKANO, Shun; TAMURA, Tomoki; CHANG, Young-tae; MORII, Takashi


座長 森井 孝(14:50〜15:50)

※PC接続時間 14:40〜14:50(1C4-36,1C4-38,1C4-39,1C4-41)

1C4-36*
三者開始複合体形成によるシグナル増幅を用いた遺伝子変異検出法の開発(群馬大院理工)○藤田 博仁・片岡 由佳・桑原 正靖

1C4-38
三者開始複合体形成によるシグナル増幅を用いた生体分子検出法の開発(群馬大院理工)○長野 澪美・藤田 博仁・片岡 由佳・桑原 正靖

1C4-39*
Development of signal amplification circuit composed of acyclic artificial nucleic acids for detection of RNA(Grad. Sch. Eng., Nagoya Univ.)○MURAYAMA, Keiji; NAGAO, Ryuya; ASANUMA, Hiroyuki

1C4-41
リボヌクレオシドの前生物的合成経路の探求(東大院工・東大先端研セ)○宇佐美 花穂・岡本 晃充


座長 遠藤 玉樹(16:00〜17:00)

※PC接続時間 15:50〜16:00(1C4-43,1C4-44,1C4-45,1C4-47,1C4-48)

1C4-43
脱塩基部位を持つ2本鎖DNAを標的とした効率的アルキル化プローブの開発(東北大多元研)○丹野 宏亮・山田 研・佐々木 欣宏・佐藤 憲大・鬼塚 和光・永次 史

1C4-44
Selective G-quadruplex alkylation by vinyl triazine derivatives(IMRAM, Tohoku Univ.)○HAZEMI, Madoka Eurika; USAMI, Akira; KOBAYASHI, Tomohito; SATO, Norihiro; ONIZUKA, Kazumitsu; NAGATSUGI, Fumi

1C4-45*
Mechanistic study of pseudorotaxane formation via the slipping process targeting on nucleic acids(IMRAM, Tohoku Univ.)○ONIZUKA, Kazumitsu; CHIKUNI, Tomoko; MIYASHITA, Takuya; NAGATSUGI, Fumi

1C4-47
Investigation of stabilization and biofunction of Z-RNA and Z-DNA/Z-RNA hybrid helix stabilized by 2’-O-methyl-8-methylguanosine a Z-form stabilizer(Fac. Med., Univ. of Miyazaki)○BALASUBRAMANIYAM, Thananjeyan; ISHIZUKA, Takumi; XU, Yan

1C4-48
Photo-driven DNA strands displacement mediated by azobenzene-tethered oligonucleotide(Grad. Sch. Eng., Nagoya Univ.)○CHENG, Bohao; KASHIDA, Hiromu; SHIMADA, Naohiko; MARUYAMA, Atsushi; ASANUMA, Hiroyuki


座長 永次 史(17:10〜18:10)

※PC接続時間 17:00〜17:10(1C4-50,1C4-51,1C4-53,1C4-55)

1C4-50
発がん過程におけるRNAアダクトの寄与の解明(東大工)○森山 悠也・岡本 晃充

1C4-51*
Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (28): A non-coding tRNA regulates functionally important G-quadruplex-hairpin conformational equilibria in RNA(FIBER, Konan Univ.)○RODE, Ambadas B.; ENDOH, Tamaki; SUGIMOTO, Naoki

1C4-53*
Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (29) : Analysis of structural dynamics of RNA aptamer using high pressure(FIBER, Konan Univ.; FIBER, Konan Univ.)○TAKAHASHI, Shuntaro; ENDOH, Tamaki; RODE, Ambadas B.; SUGIMOTO, Naoki

1C4-55
一塩基応答性アロステリックリボザイムの創製(東北大院薬)○山田 光博・沼崎 拓海・根東 義則・加藤 義雄・田中 好幸


3月17日午前

座長 大矢 裕一(09:00〜09:50)

※PC接続時間 8:50〜9:00(2C4-01,2C4-02,2C4-03,2C4-05)

2C4-01
Antitumor Activity by Sequence-Specific HAT Inhibitors(Dep. Chem., Sch. Sci., Kyoto Univ.)○YU, Zutao; TANIGUCHI, Junichi; WEI, Yulei; BANDO, Toshikazu; SUGIYAMA, Hiroshi

2C4-02
RBP-J Binding Inhibition Drives Human Neural Stem Cells Differentiation by Suppressing Hes-1 and Related Notch Signaling Pathway(Dep. Chem., Sch. Sci., Kyoto Univ.; WPI-iCeMS, Kyoto Univ.)○WEI, Yulei; NAMASIVAYAM, Ganesh Pandian; BANDO, Toshikazu; SUGIYAMA, Hiroshi

2C4-03*
Cardiomyocytes Induction By DNA Sequence-Specific Synthetic Molecules(Dep. Chem., Sch. Sci., Kyoto Univ.; WPI-iCeMS, Kyoto Univ.)○TANIGUCHI, Junichi; NAMASIVAYAM, Ganesh Pandian; BANDO, Toshikazu; SUGIYAMA, Hiroshi

2C4-05
モレキュラービーコン修飾ナノニードルを用いたmRNAのin cell解析(東農工大院工)○内藤 瑞紀・山岸 彩奈・最上 譲二・鈴木 誠・深澤 今日子・石原 一彦・中村 史


座長 杉本 直己(10:00〜11:00)

※PC接続時間 9:50〜10:00(2C4-07,2C4-10,2C4-12)

2C4-07 若い世代の特別講演会
RNA Conformational Dynamics that Encodes New Dimensional Code in Central Dogma(FIBER, Konan Univ.)○ENDOH, Tamaki

2C4-10*
Functional oligonucleotide for regulation of cellular activities (1) Oligonucleotide-based growth factor mimetics -Regulation of cellular functions and its application-(Grad. Sch. Eng., The Univ. of Tokyo)○UEKI, Ryosuke; KANDA, Naoto; UCHIDA, Satoshi; CABRAL, Horacio; SANDO, Shinsuke

2C4-12
機能性核酸に基づく細胞機能制御(2) 増殖因子シグナルの外部環境依存的スイッチング(東大院工)○熱田 早紀・植木 亮介・山東 信介


座長 杉山 弘(11:10〜12:00)

※PC接続時間 11:00〜11:10(2C4-14,2C4-16,2C4-17)

2C4-14*
Application of DNA quadruplex hydrogels as biomaterial(Fac. Chem. Materials and Bioeng., Kansai Univ.)○TANAKA, Shizuma; FUKUSHIMA, Kazuki; WAKABAYASHI, Kenta; YUKAMI, Shinsuke; KUZUYA, Akinori; OHYA, Yuichi

2C4-16
DNA四重鎖ゲルを用いた細胞培養基材の開発(関西大化学生命工)○遊上 晋佑・田中 静磨・福島 和季・若林 建汰・葛谷 明紀・大矢 裕一

2C4-17*
Topologically interlocked DNA nanostructures inside a DNA origami frame(IAE, Kyoto Univ.)○RAJENDRAN, Arivazhagan; PARK, Seo-jeong; NAKATA, Eiji; KWON, Youngjoo; MORII, Takashi


3月17日午後

座長 竹中 繁織(14:30〜15:30)

※PC接続時間 14:20〜14:30(2C4-34,2C4-35,2C4-36,2C4-37,2C4-38)

2C4-34
RNA切断活性をもつミスマッチ結合性リガンドの開発(阪大産研)○三木 翔太・山田 剛史・中谷 和彦

2C4-35
脱ワトソン・クリックの核酸化学 (34): ヒトテロメアDNAを標的としたリガンドスクリーニングシステムの構築(甲南大FIRST)○今川 佳樹・小畠 一起・寺田 康介・前田 龍一・杉本 直己・三好 大輔

2C4-36
Simple screening method for ligands affecting CAG/CTG repeats stability(ISIR, Osaka Univ.)○BINTI MOHD ZAIFUDDIN, Nursakinah; LI, Jinxing; DOHNO, Chikara; NAKATANI, Kazuhiko

2C4-37
ピレンプローブを用いたサンドイッチ型microRNA定量法(京工繊工芸)○渡 優有・有吉 純平・杉原 悠太・山吉 麻子・村上 章・小堀 哲生

2C4-38*
安定な色素ペアを利用した高感度RNA検出(名大院工)○樫田 啓・森本 一弘・浅沼 浩之


座長 三好 大輔(15:40〜16:30)

※PC接続時間 15:30〜15:40(2C4-41,2C4-43,2C4-45)

2C4-41*
ベンゼン部を介したリンカー鎖による環状ナフタレンジイミドの合成と種々の4本鎖DNAとの相互作用解析(九工大院工)峰松 宏樹・若原 大暉・鮫島 志乃・佐藤 しのぶ・藤井 聡○竹中 繁織

2C4-43*
アルキル鎖を介したリンカー鎖による環状ナフタレンジイミドの合成と種々の4本鎖DNAとの相互作用解析(九工大院工)新城 亜希菜・竹内 龍佑○佐藤 しのぶ・藤井 聡・竹中 繁織

2C4-45
グアニン四重鎖形成を利用したCas9-sgRNA複合体の制御放出(東農工大院工・産総研バイオメディカル)○高野 勇太・山岸 彩奈・西尾 真初・塚越 かおり・池袋 一典・加藤 義雄・中村 史


座長 村山 恵司(16:40〜17:40)

※PC接続時間 16:30〜16:40(2C4-47,2C4-48,2C4-49,2C4-51,2C4-52)

2C4-47
脱ワトソン・クリックの核酸化学 (30): Cyclic naphthalene diimideによるDNA四重鎖の安定化メカニズムの解明(甲南大FIBER・九工大院工・神戸大院システム情報・甲南大FIRST)○大山 達也・建石 寿枝・高橋 俊太郎・佐藤 しのぶ・田中 成典・竹中 繁織・杉本 直己

2C4-48
Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (31): The C-rich sequence in non-template strand determines the structure of G-rich template during transcription(FIBER, Konan Univ.)○TENG, Ye; TATEISHI, Hisae; SUGIMOTO, Naoki

2C4-49*
Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (32): Relationship of malignant alteration in cancer cells and the transcript mutations via DNA G-quadruplex formation(FIBER, Konan Univ.)○TATEISHI-KARIMATA, Hisae; KAWAUCHI, Keiko; SUGIMOTO, Naoki

2C4-51
ガン原遺伝子TLSのグアニン四重鎖結合性の解析(静岡大院総)○八木 涼太・大吉 崇文

2C4-52
テロメアグアニン四重鎖のトポロジー制御を志向したリガンドの創製と機能評価(東農工大院工)○馬 悦・佐々木 捷悟・長澤 和夫


3月18日午前

座長 中田 栄司(09:00〜10:00)

※PC接続時間 8:50〜9:00(3C4-01,3C4-02,3C4-03,3C4-04,3C4-05)

3C4-01
配向依存型FRETを利用したA-tract含有DNAの構造解析(名大工)○小久保 祐汰・河合 隼人・樫田 啓・浅沼 浩之

3C4-02
人工塩基導入aTNAによる多重鎖形成能の評価(名大院工)○服部 悠平・田添 佳歩・井上 直・樫田 啓・浅沼 浩之

3C4-03
DNA のらせん構造を活用した合成高分子のトポロジー制御(関西大化学生命工)○山ア 裕太・池田 勇太・赤松 直秀・葛谷 明紀・大矢 裕一

3C4-04
脱ワトソン・クリックの核酸化学 (35): 細胞核内の化学模倣環境におけるDNA構造と熱安定性(甲南大FIRST)○造住 有輝・山口 野乃花・嶋田 直彦・杉本 直己・丸山 厚・三好 大輔

3C4-05*
Development of DNA logic gates to provide a small molecule output in response to microRNA inputs(Univ. of Pittsburgh)○MORIHIRO, Kunihiko; DEITERS, Alexander


座長 三好 大輔(10:10〜11:10)

※PC接続時間 10:00〜10:10(3C4-08,3C4-09,3C4-10,3C4-12)

3C4-08
DNA鎖の拘束によるCas9切断への影響(京大iCeMS・京大iCeMS)RÄZ Michael・日高 久美・STURLA Shana・杉山 弘○遠藤 政幸

3C4-09
コンフォメーション変換により化学反応を誘導するDNAナノ構造体の構築(京大院理)○鎌田 佑・竹内 洋祐・竹中 友洋・江村 智子・杉山 弘・遠藤 政幸

3C4-10*
Activity of spatially organized enzyme on DNA scaffold(IAE, Kyoto Univ.)○DINH, Huyen; NAKATA, Eiji; MORII, Takashi

3C4-12*
Orthogonal modular adaptors for assembling multiple enzymes on DNA scaffold(IAE, Kyoto Univ.)○NGUYEN, Thang; NAKATA, Eiji; SAIMURA, Masayuki; MORII, Takashi


座長 浜地 格(11:20〜12:20)

※PC接続時間 11:10〜11:20(3C4-15)

3C4-15 学術賞受賞講演
A Bioorganic Chemistry Approach to Understanding Molecular Recognition in Protein-Nucleic Acid Complexes(IAE, Kyoto Univ.)○MORII, Takashi


〔アジア国際シンポジウム―天然物化学・生命科学ディビジョン/生体機能関連化学・バイオテクノロジーディビジョン―〕


3月18日午後

(13:00〜13:10)

3C4-25
Resent biosynthetic study of natural products.(Tokyo Tech.)○Kudo, Fumitaka


座長 木越 英夫(13:10〜13:30)

3C4-26 Invited Lecture
Reconstitution of biosynthetic machinery of fungal secondary metabolites.(Hokkaido Univ.)○Minami, Atsushi


座長 工藤 史貴(13:30〜14:00)

3C4-28 Keynote Lecture
Biosynthesis of fungal indole alkaloids.(Academia Sinica)○Hsiao-Ching, Lin


座長 大栗 博毅(14:00〜14:20)

3C4-31 Invited Lecture
In vitro biosynthetic system for peptides with diverse modified backbones.(The Univ. of Tokyo)○Goto, Yuki


座長 有本 博一(14:30〜14:50)

3C4-34 Invited Lecture
Post-translational prenylation of tryptophan.(The Univ. of Tokyo)○Okada, Masahiro


座長 村田 道雄(14:50〜15:20)

3C4-36 Keynote Lecture
Marine-derived bioactive natural products and novel biomaterials.(De La Salle Univ.)○Rafael Atillo, Espiritu


座長 吉野 知子(15:20〜15:40)

3C4-39 Invited Lecture
Nanopore sensing with stable lipid bilayers integrated in microdevices.(Tokyo Univ. of Agri. and Tech.)○Kawano, Ryuji


座長 居城 邦治(15:40〜16:00)

3C4-41 Invited Lecture
Design of synthetic polymer nanoparticles that function as molecular chaperones.(Kyushu Univ.)○Hoshino, Yu


座長 跡見 晴幸(16:10〜16:40)

3C4-44 Keynote Lecture
Water dehydration mediated underwater adhesion.(Pohang Univ. of Sci. and Tech.)○Dong Soo, Hwang


座長 永次 史(16:40〜17:00)

3C4-47 Invited Lecture
Hybrid fluorescence-Raman imaging to correlate biochemical information to protein expression.(The Univ. of Tokyo)○Liang-da, Chiu


座長 青野 重利(17:00〜17:30)

3C4-49 Keynote Lecture
Smart nanoplatforms for bioanalytics and disease theranostics.(National Chiao-Tung University)○Hsin-Yun, Hsu


(17:30〜17:40)

3C4-52
Closing remarks.(Univ. of Tsukuba)○Kojima, Takahiko


〔生体機能関連化学・バイオテクノロジー〕


3月19日午前

座長 植木 亮介(09:00〜10:00)

※PC接続時間 8:50〜9:00(4C4-01,4C4-02,4C4-03,4C4-04,4C4-05)

4C4-01
非天然塩基の導入によるトロンビン結合アプタマーの結合能の改良(東農工大工)池袋 一典○紺田 馨・生田 結里・山岸 恭子・塚越 かおり

4C4-02
アミロイドオリゴマー結合アプタマーを用いた、核酸増幅に基づく水溶性アミロイドβオリゴマーの検出(東農工大工)塚越 かおり○細井 千尋・池袋 一典

4C4-03
短鎖オリゴマーを用いたモレキュラービーコンプローブの配列識別能の向上(群馬大理工)○川ア 昌和・森口 朋尚・篠塚 和夫

4C4-04
非環状型人工核酸を利用したmiRNAを標的とするアンチセンス核酸の開発(名大院工)○神元 寛・堂下 裕香・村山 恵司・神谷 由紀子・浅沼 浩之

4C4-05*
Enhanced strand invasion into double-stranded DNA by PNA-NLS conjugates(Sch. Sci., Nagoya Univ.)○AIBA, Yuichiro; URBINA, Gerardo; WATANABE, Yoshihito


座長 愛場 雄一郎(10:10〜11:10)

※PC接続時間 10:00〜10:10(4C4-08,4C4-09,4C4-11,4C4-12,4C4-13)

4C4-08
ランダムペンタペプチド修飾ナフチリジンの合成およびバルジDNAとの結合評価(阪大産研)○伊藤 洋志・相川 春夫・中谷 和彦

4C4-09*
Catalytic activity of an RNP receptor library with structural diversity(IAE, Kyoto Univ.)○TAMURA, Tomoki; NAKANO, Shun; MORII, Takashi

4C4-11
新規リボソーム結合性分子の迅速スクリーニング(名大院理・名大WPI-ITbM・JSTさきがけ)○山下 隼・佐藤 綾人・伊丹 健一郎・萩原 伸也

4C4-12
核酸に基づく分子コーディング技術の開発(1)DNAをコード分子としたOne-bead one-compoundペプチドライブラリ構築に向けた検討(東大院工)○吉羽 崚・古畑 隆史・植木 亮介・森本 淳平・山東 信介

4C4-13
Coding technology based on oligonucleotides (2) Design of artificial nucleic acids for efficient decoding of DNA tags by quantum sequencer(Grad. Sch. Eng., The Univ. of Tokyo)○FURUHATA, Takafumi; OHSHIRO, Takahito; UEKI, Ryosuke; TANIGUCHI, Masateru; SANDO, Shinsuke


座長 神谷 由紀子(11:20〜12:20)

※PC接続時間 11:10〜11:20(4C4-15,4C4-17,4C4-18,4C4-19)

4C4-15*
血中 microRNA を標的とした遺伝子制御分子の開発(京大白眉・京大院理)○山吉 麻子・有吉 純平・小西 諒・小堀 哲生・芦原 英司・村上 章・杉山 弘

4C4-17
MMP-9活性を活用した新規がん細胞特異的細胞内導入システムの構築と安全・安心ながん細胞特異的核酸医薬への展開(東北大多元研)○松島 萌香・菅井 祥加・中瀬 生彦・石橋 哲・横田 隆徳・坂本 清志・荒木 保幸・和田 健彦

4C4-18
細胞内環境応答性ぺプチドリボ核酸(PRNA)を利用したイスキミア特異的核酸医薬の創製 −3'位修飾ヘミギャップマー型キメラ人工核酸を用いた高効率触媒的核酸医薬への展開−(東北大多元研・医科歯科大脳神経)○稲垣 雅仁・海原 大輔・上松 亮平・荒木 保幸・坂本 清志・石橋 哲・横田 隆徳・和田 健彦

4C4-19*
Intracellular Delivery of Peptide Ribonucleic Acid by Oligoarigine Conjugation(IMRAM, Tohoku Univ.)○SUGAI, Hiroka; SAKAMOTO, Seiji; ARAKI, Yasuyuki; WADA, Takehiko


3月19日午後

座長 井原 敏博(13:40〜14:40)

※PC接続時間 13:30〜13:40(4C4-29,4C4-30,4C4-31,4C4-32,4C4-33)

4C4-29
DNA塩基配列がヘム-DNA複合体の構造と機能に与える影響(筑波大数理)片平 祐弥○柴田 友和・松井 亨・守橋 健二・渡部 明莉・中尾 知美・柳澤 幸子・小倉 尚志・山本 泰彦

4C4-30
種々のフッ素化ヘムと四重鎖DNA[d(TTAGGG)]4の複合体の機能と構造(筑波大理工)○篠宮 僚介・片平 祐弥・柴田 友和・小倉 尚志・柳澤 幸子・中尾 知美・鈴木 秋弘・山本 泰彦

4C4-31
ヘムと四重鎖DNAの複合体の構造解析(筑波大数理)越智 健太郎○山本 泰彦・柴田 友和・萩原 正規・逸見 光

4C4-32
脱ワトソン・クリックの核酸化学 (33): mRNAの形成する四重らせん構造を標的とした亜鉛フタロシアニンによる光切断(甲南大FIRST)○村田 耕平・杉本 渉・高木 一樹・杉本 直己・川内 敬子・三好 大輔

4C4-33*
鉛イオン存在下で形成されるスプリット 4本鎖DNA構造とヘミンの複合体のペルオキシダーゼ活性による標的遺伝子検出(東理大理)秋葉 涼○鳥越 秀峰


座長 山田 剛史(14:50〜15:50)

※PC接続時間 14:40〜14:50(4C4-36,4C4-37,4C4-38,4C4-39,4C4-40)

4C4-36
5-ヒドロキシウラシル塩基を含むミスマッチ塩基対と金属イオンの特異的結合(東理大理)○荒川 章裕・矢口 礼望・小野 晶・鳥越 秀峰

4C4-37
ミスマッチ配列に結合する銀イオンの放射線一電子還元反応を用いたDNA二重鎖解離制御(青山学院大理工)○簾 聡太朗・栗原 亮介・田邉 一仁

4C4-38
錯体修飾によるPNAインベージョンの制御(名大院理)○日比野 柾・愛場 雄一郎・渡辺 芳人

4C4-39
Metal-responsive Triplex-forming Oligonucleotides based on 5-Hydroxyuracil DNA Bases(Grad. Sch. Sci., The Univ. of Tokyo)○NISHIYAMA, Kotaro; TAKEZAWA, Yusuke; SHIONOYA, Mitsuhiko

4C4-40*
脱ワトソン・クリックの核酸化学 (36): 嵩高いカチオン性物質共存下における核酸の構造安定性(甲南大FIRST)森本 隆太・中井 大樹・鮎沢 隼哉・谷野 裕一・杉本 直己○中野 修一


座長 三好 大輔(16:00〜17:00)

※PC接続時間 15:50〜16:00(4C4-43,4C4-45,4C4-46,4C4-47)

4C4-43*
Enzymatic cascade reactions on the DNA scaffold(IAE, Kyoto Univ.)○NAKATA, Eiji; DINH, Huyen; NGUYEN, Thang; SAIMURA, Masayuki; MORII, Takashi

4C4-45
DNAオリガミを利用したナノリポソーム(京大エネ研)○小西 宏明・中田 栄司・仲野 瞬・森井 孝

4C4-46
アルキル鎖修飾オリゴ核酸によるリポソームの形態変化(東大院総合)○庄田 耕一郎・陶山 明

4C4-47*
生体分子の高精度3Dイメージングを目指したクライオ蛍光顕微鏡の開発(東工大理)古林 琢・松下 道雄○藤芳 暁

▲ TOP ▲ BACK