お問合せプライバシーポリシーサイトマップ
講演申込要項

はじめに

第88春季年会実行委員会

会期 平成20年3月26日(水)午後〜3月30日(日)
会場 立教大学池袋キャンパスおよび立教池袋中学校・高等学校(東京都豊島区西池袋)
実行委員長 渡辺 正(東京大学生産技術研究所・教授)
内容 アカデミック・プログラム(AP:一般研究発表) (口頭・ポスター)
アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP) (口頭・ポスター)
特別講演・受賞講演・特別企画・展示会・総会・表彰式・懇親会・市民公開講座・その他委員会 企画他
重要な日程 講演申込期間 平成19年11月21日〜12月4日 20時
予稿原稿提出期間 平成20年1月10日頃〜1月23日 20時
参加予約申込期間 平成20年2月1日〜2月27日 17時
講演予稿集発行日 平成20年3月12日(予定)
※CD-ROM・冊子・WEB全て
問合せ先 日本化学会 企画部 年会係
〒101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5
Tel:03-3292-6163 Fax:03-3292-6318 E-Mail:nenkai-help@chemistry.or.jp
URL:http://csj.jp/nenkai/

標記年会の研究発表を下記のように募集いたします。講演申込要項は、毎回見直しが行われ変更されていますので必ずご確認ください。本年会における留意点は以下のとおりです。

  • 会期が例年と比べ半日長くなっています(4日半)。
  • 発表機材は液晶プロジェクターのみとします。
  • 予稿原稿提出方法はオンライン投稿のみとします。

1.講演申込について

  1. はじめに
    • アカデミック・プログラムの講演は未発表の内容に限ります。
    • アドバンスト・テクノロジー・プログラムは既発表のもの、特許化したもの、製品化したものも発表可とします。また知的財産戦略や特許化の関連から化合物名を公表できない場合には「化合物A、B」として発表することも可とします。
  2. 申込期間

    平成19年11月21日〜12月4日 20時
    ※講演申込完了時に発行される講演申込受付番号とパスワードを使用し、申込内容の訂正、削除することができます。訂正期間は以下の通りです。
    平成19年11月21日〜12月5日 20時

  3. 申込方法

    春季年会ウェブサイト(http://csj.jp/nenkai/)上の講演申込フォームからお申込下さい。なお講演申込フォームを使用するにはパスワードが必要です。(パスワード:nenkai88)
    講演申込フォームが使用できない場合は、お早めに事務局にお問い合わせ下さい。締切間際ですと対応出来かねる場合もございます。

  4. 申込完了の確認

    講演申込が完了すると、講演1件ごとに講演申込受付番号とパスワードを発行します。また、申込内容を申込時に入力したE-Mailアドレスに通知します。申込者は講演申込受付番号が発行されていることと通知が来ていることを必ず確認してください。通知未着の場合には12月6日までに必ず事務局までE-Mailにてお問合せ下さい。期限後のお問合せには対応出来ませんのでご注意下さい。

  5. 講演者の資格

    講演申込者および講演者(登壇者)は、講演申込時点において日本化学会会員(教育会員も含む)であることが必要です。未入会の方は講演申込の前にWeb上で入会申込手続きを行ってください。連名者はこの限りではありません。また講演申込は、会員1人につき1件です。複数の講演の講演申込者であることが明らかになった場合には、訂正をしていただくことになりますので、ご注意ください。
    なお、講演者(登壇者)および本年会に参加される方は、全員参加登録(詳細は「化学と工業」1月号参照)が必要です。
     アドバンスト・テクノロジー・プログラムの場合、講演申込者、講演者(登壇者)および連名者は、日本化学会会員でなくとも結構です。ただし講演者(登壇者)および参加者は、全員参加登録(詳細は「化学と工業」1月号参照)が必要です。

  6. 発表形式と講演時間
    • アカデミック・プログラム
      発表形式 講演時間
      口頭A講演 10分 (講演7分・討論2分・交代1分)
      口頭B講演*1 20分 (講演15分・討論4分・交代1分)
      ポスター 45分
    • アドバンスト・テクノロジー・プログラム*2
      発表形式 講演時間
      口頭C講演 20分 (講演15分・討論4分・交代1分)
      口頭D講演 30分 (講演25分・討論4分・交代1分)
      ポスター 45分〜60分(予定)*3
    • *1…口頭B講演の発表資格は正会員もしくは博士後期過程の学生会員とする
    • *2…セッションにより募集する発表形式が異なります。詳細は講演申込分類一覧をご覧ください。
    • *3…セッションにより異なります。
  7. 発表言語

    全ての部門で英語の発表が可能です。

  8. 発表機材
    口頭講演 全ての会場に液晶プロジェクター・RGBケーブル・PC切替機を用意します。
    講演者はPCを持参して下さい。またトラブル対策としてバックアップファイル(ウィルスのチェックおよびOS互換性に関してチェック済みであること)をUSBメモリでご用意下さい。
    ポスター ポスターボード(縦180 cm×横90 cm〔予定〕)と画鋲を用意します。
  9. 採否の決定

    申込いただいた講演の採否およびプログラム編成("口頭(A講演・B講演もしくはC講演・D講演)/ポスター"の発表形式、発表部門、日時など)は第88春季年会実行委員会に一任とします(希望と異なる場合もあります)。
     12月中旬に各部門別にプログラム編成を行いますので、申込者はこの時期、プログラム編成委員からの問い合わせになるべく対応できるようご配慮ください。

  10. 講演番号の通知

    1月上旬に郵便で申込者宛に通知します。通知未着の場合には平成20年1月7日〜11日の間に必ず事務局までE-mailにてお問い合わせ下さい。予稿原稿提出には講演番号が必要です。

  11. 予行原稿の作成と提出

    2.講演予稿原稿の項目をご覧下さい。

  12. 講演申込の取消

    講演申込後に発表を取り消すと、プログラム編成に支障をきたすだけでなく、前後の講演者に対しても迷惑がかかります。社内審査がある場合は、早めに手続きを開始し、必ず発表許可を取ってから申し込んでください。また、学生が申込者の場合は、講演申込内容に関して指導教員の確認を受けてから申し込んでください。
     理由の如何にかかわらず、講演予稿原稿の提出後の差し替え、取り下げは認められません。

  13. 講演申込内容の公表

    採択された講演申込内容は、連絡先に関する部分を除き、講演プログラムやデータベースの形で下記により公開・無償配布します。なお、公開したプログラムに変更が生じた場合は春季年会ウェブサイトにて告知します。

    • 講演プログラム…平成20年2月下旬
    • プログラム検索(携帯サイト)…平成20年3月上旬
    • 日本化学会研究者データベース…会期終了後
    • JST JDreamII…会期終了後
  14. 各種講演賞

    春季年会では「学生講演賞」・「優秀講演賞(学術)」・「優秀講演賞(産業)」の3種類の講演賞を設けております。詳細はこちらでご確認ください。

  15. アジア国際シンポジウム

    学術研究活性化委員会では、春季年会の活性化を目的として、我が国とアジア諸国の産学の若手研究者によるアジア国際シンポジウムを昨年に引続き、下記7部門で開催することになりました。

    • 6.錯体化学・有機金属化学
    • 8G.有機電子移動化学
    • 9.天然物化学
    • 11.分析化学
    • 14.コロイド・界面化学
    • 15.材料化学
    • 21.理論化学・情報化学・計算化学

2.講演予稿原稿

  1. 提出期間

    平成20年1月10日頃〜1月23日 20時
    締切期日までに講演予稿原稿を提出しない場合は講演を中止したものとしますのでご注意下さい。

  2. 提出方法

    講演予稿原稿をPDFファイルで作成の上、春季年会ウェブサイト(http://csj.jp/nenkai/)上の予稿原稿投稿フォームから提出して下さい。提出の際にはパスワード、講演申込受付番号、講演番号が必要です (パスワード:nenkai88) 。
    フォームが使用できない場合は、お早めに事務局にお問い合わせ下さい。締切間際ですと対応出来かねる場合もございます。
    受理後の原稿の訂正は出来ません。また、提出された原稿は返却致しませんので、あらかじめご了承下さい。

  3. 作成方法

    春季年会ウェブサイト(http://csj.jp/nenkai/)上で公開するテンプレート(雛型)をお使い頂き、PDFファイルを作成して下さい。
    講演予稿原稿には和文・英文の演題・研究場所・発表者氏名および和文(又は英文)の本文を入れ、作成して下さい。予稿集はモノクロで印刷され、1講演あたりのサイズはB5版の1/4です。図表・写真等を入れる場合には、この点をを考慮して下さい。
    詳細は講演番号通知に同封の「予稿原稿作成要項」をご覧下さい。

3.講演申込分類

詳細は別ページをご覧ください。

4.講演予稿集

  1. 発行日

    平成20年3月12日(予定) ※CD-ROM・冊子・WEB全て

  2. 発行形式
    発行形式 備考
    CD-ROM 2枚組での発行を予定。参加登録費に含みます。(入会準備学部学生は除く)
    冊子 第喫冊・第曲冊での発行を予定。収録内容は次項目をご覧ください。参加登録費には含まれないので別途申込が必要です。
    WEB 参加予約申込をし、期間内にお支払をされた方のみ当ウェブサイトにて閲覧が可能です。
  3. 講演予稿集(冊子)各分冊の収録内容
    講演時間
    第喫冊 1.化学教育・化学史,2〜4.物理化学,5.無機化学,6.錯体化学・有機金属化学,11.分析化学,13.触媒,14.コロイド・界面化学,15.材料化学,16.材料の機能,17.材料の応用,19.エネルギー,20.環境・グリーンケミストリー,地球・宇宙化学,21.理論化学・情報化学・計算化学,T1〜T6.アドバンスト・テクノロジー・プログラム(材料系)の各部門の一般講演および関連の特別企画講演の予稿。特別講演の予稿。研究発表者索引。講演プログラム*
    第曲冊 7〜8.有機化学,9.天然物化学,10.生体機能関連化学・バイオテクノロジー,12.高分子,18.資源利用化学,22.有機結晶,T7〜T8.アドバンスト・テクノロジー・プログラム(バイオ系)の各部門の一般講演および関連の特別企画講演の予稿。特別講演の予稿。研究発表者索引。講演プログラム*
    *…講演プログラムは化学と工業3月号に掲載されたもの
  4. 特許

    講演予稿集をもって特許における公知日とされる方は、発行日以降権利が6ヵ月保留されることとなります。特許を出願する際に必要な発表証明につきましては下記URLをご参照下さい。
    研究発表の発表証明申請について(URL:http://csj.jp/news/happyo-syomei.html)
    平成12年よりインターネットでの公開内容も研究内容の公知に当たることになりました。春季年会での講演申込内容の公開時期については 1.13 講演申込内容の公表 を確認して下さい。

  5. 著作権

    講演予稿集に記載された内容に関する著作権は、日本化学会に帰属するものとします。したがって本会が必要と認めたときは転載し、また外部からの引用の申請があったときは本会において検討のうえ許可することとします。

5.参加登録

講演申込分類は年会ごとに見直しを行っております。講演申込分類の誤りはプログラム編成ひいては本年会の参加登録の概要は以下の予定です。詳細は化学と工業1月号に掲載します。
昨年より実施している「入会準備学部学生」(研究発表を行わない大学の学部および高等専門学校の学生を対象とした割引制度。予約申込は行わず当日登録のみ。参加登録費に講演予稿集CD-ROMは含まない)を今年度も実施いたします。

  1. 申込期間
  2. 申込方法
  3. 参加登録費ほか
    1. 参加登録費(講演予稿集CD-ROMを含む)
      会員区分 予約 当日
      正会員 12,000円 14,500円
      正会員割引*1 9,500円 9,500円
      学生会員 4,000円 5,500円
      学生会員割引*2 3,500円 3,500円
      教育会員 5,000円 5,000円
      教育会員割引*3 5,000円 5,000円
      ATP講演者 12,000円 14,500円
      非会員 24,000円 25,500円
      入会準備学部学生*4 - 2,000円
      • *1…満60歳以上で有給の職についていない方で、事前に申請をしている方(申請書)
      • *2…学部入学3年以内の方で、事前に申請をしている方(申請書
      • *3…「化学と教育」を購読している学生
      • *4…研究発表を行わない非会員(未入会)の大学の学部学生および高等専門学校の学生が対象。ただし、参加登録費に講演予稿集CD-ROMは含まない。
    2. 追加講演予稿集代

      参加登録(講演予稿集CD-ROMを含む)とは別にお申込下さい。なお、第喫冊・第曲冊は数に限りがありますので予めご了承下さい。

      内容 予約 当日
      講演予稿集(第喫冊) 5,000円 6,000円
      講演予稿集(第喫冊) 5,000円 6,000円
      講演予稿集(CD-ROM) 10,000円 10,000円
      ※価格はいづれも送料を含みます。
  4. 宿泊・交通について

    本実行委員会では、宿泊・旅行等の斡旋は致しませんので、各自の責任において手配をして下さい。春休みの旅行シーズンでもありますので、早めの準備をお勧めします。

6.懇親会

  1. 日時

    平成20年3月27日18時

  2. 会場

    第88春季年会会場内もしくは近辺の会場を予定

  3. 申込方法

    春季年会ウェブサイト(http://csj.jp/nenkai/)上の参加予約申込フォームからお申込下さい。なおフォームを使用するにはパスワードが必要です。(パスワード:nenkai88) 懇親会のみの申込も可能です。

7.付設展示会

付設展示会への出展受付業務は化学工業日報社に委託しました。出展をご希望されるお客様は下記までお問合せ下さい。

化学工業日報社 事業局
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7931FAX:03-3663-2330 E-mail:n_doutsu@chemicaldaily.co.jp
URL:http://www.chemicaldaily.co.jp/ent/