労働安全衛生法による事故報告

書面による手続及び電子申請・届出システムによる手続の共通情報 

 手続名 労働安全衛生法による事故報告
 所管部局名 労働基準局安全衛生部安全課
 概要 事業場又はその附属建設物内で、火災又は爆発の事故等が発生した場合に行う報告です。
 申請書の受付
 から交付まで
 手続根拠規定 労働安全衛生法第100条第1項、 労働安全衛生規則第96条第1項
 手続対象者 事業者
 提出する時期 遅滞なく
 手数料 なし
 添付書類・部数
 相談窓口 所轄労働基準監督署
 審査基準 法令等に合致していること
 標準処理期間
 不服申立方法
 記入例・記載要領 申請書の記載方法については以下を参照して下さい
 電子申請に係る留意事項

書面による手続に関する情報 

 提出先 所轄労働基準監督署
 提出方法 提出先窓口に持参するか、郵送してください。
また、電子申請もご利用になれます。
 申請書様式 労働安全衛生規則様式第22号 
実際の申請にご使用になれます。様式をダウンロードして必要事項を入力した上で印字するか、様式をそのまま印字して必要事項を記入してください。
なお、電子申請を行う場合は、電子申請用の様式が別にございます。
様式 WORD形式
PDF形式
 持参される場合
 の受付時間
8時30分から17時まで(ただし、土曜日・祝日・休日・年末年始を除く。)
ただし、電子申請の場合は、この限りではありません。

電子申請・届出システムによる手続に関する情報 

 必要な認証情報 電子証明書が必要です。
詳細は『電子証明書の入手・設定方法について』をご覧下さい。
 必要な申請様式 申請用プログラムに表示される申請書の様式に従い必要な項目を入力することで申請データを作成できます。
 必要なソフトウェア 電子申請を行う際に必要な設定がございます。必要な設定は『ダウンロードコーナー』でご案内しています。
 電子申請・届出
 の開始
申請用プログラムによる申請。 この手続は、申請用プログラムから申請データを作成・送付することにより電子申請が行えます。
電子申請の手順は『電子申請・届出システムのご利用方法』をご確認下さい。
申請用プログラムを起動して、電子申請を行ってください。

厚生労働省HPより

 概 要  以下の事故は報告が必要です
一  事業場又はその附属建設物内で、次の事故が発生したとき
 イ 火災又は爆発の事故(次号の事故を除く。)
 ロ 遠心機械、研削といしその他高速回転体の破裂の事故
 ハ 機械集材装置、巻上げ機又は索道の鎖又は索の切断の事故
 ニ 建設物、附属建設物又は機械集材装置、煙突、高架そう等の倒壊の事故

二 令第一条第三号のボイラー(小型ボイラーを除く。)の破裂、煙道ガスの爆発又はこれらに準ずる事故が
   発生したとき
三 小型ボイラー、令第一条第五号の第一種圧力容器及び同条第七号の第二種圧力容器の破裂の事故が
   発生したとき
四 クレーン(クレーン則第二条第一号に掲げるクレーンを除く。)の次の事故が発生したとき
 イ 逸走、倒壊、落下又はジブの折損
 ロ ワイヤロープ又はつりチェーンの切断
五 移動式クレーン(クレーン則第二条第一号に掲げる移動式クレーンを除く。)の次の事故が発生したとき
 イ 転倒、倒壊又はジブの折損
 ロ ワイヤロープ又はつりチェーンの切断
六 デリック(クレーン則第二条第一号に掲げるデリックを除く。)の次の事故が発生したとき
 イ 倒壊又はブームの折損
 ロ ワイヤロープの切断